FC2ブログ

つれづれなるままに・・・

ヨットのこと、写真のこと、猫のこと、その他、つれづれなるままに・・・

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

大変なことになる? 

育て方もよく解らないのに、衝動買いしてしまった「桜盆栽」
購入後にネットで育て方をちらっと見たけれど、今のような季節は外は寒いので室内で育ててもいいのだろう・・・などと室内でヌクヌクと育てていました。
おかげで芽も出始めたし・・・


しかし昨日、仏花を買いに行きつけの花屋に行ったら花屋の屋外で同じような桜盆栽が売られていた。
お店のおばちゃんに「まだ寒いけれど屋外に置いて大丈夫ですか?」聞いたら
室内で育てていたら、大変なことになるよ・・・」とのお答え
どのくらいの温度まで耐えられるのか聞いたら氷点下3度くらいらしい
現在の季節の育て方として「昼間は屋外で、夜になったら室内へ」と教えてくれた。
私はホームセンターの店先で、ただただ「室内で花見が出来る」との宣伝文句につられて購入してしまった。
育て方の説明をしてくれる店員もいなかったし、鉢に育て方の説明なども書かれていなかった。
育てるのが難しそうな植物は売り場で育て方の詳しい説明を聞いてから、もしくは衝動買いするものではないことを実感しています。

帰宅後に改めて「桜盆栽」の初春の育て方を調べてみたら
・日当たりや風通しの良い屋外で育てること
・一定期間寒さに当たることで開花する
・室内で鑑賞したい場合は開花してから室内へ入れること
・開花後に室内で鑑賞する場合は2~3日経ったら屋外に出すこと
桜を室内で鑑賞できる日数は3日以内ということで意外と短いものなんですね。

室内で育てていたら、大変なことになるよ・・・
どうなるかというと、「花芽が伸びても最悪の場合は花が咲かずに葉桜となる」と私は想像する。

おばちゃんの言いつけ通り、昨日から昼間はベランダに出し、夜は室内へ入れるようにしています。

※お腹いっぱいの時の鉢受け含めた鉢の重さを920グラムから945グラムに変更しました

桜盆栽は冬でも屋外で育てる、とネットには記載されていますが、最低気温が氷点下になる日が続く北海道の冬。
いったい何度まで耐えられるのかが疑問でしたが、最低気温が氷点下になるまでは屋外で育てるということを知れた3月14日でした。
冬になっても同様に、最高気温が氷点下の日は日中でも室内で、最高気温がプラスになる日は昼間だけ屋外でという目安ができました。
まだ冬越しのことなど考えている場合では無くて、花を咲かせることに注力したい。

参考資料
桜盆栽の鉢に緑と青の棒が刺さっていますが、これはSUSTEEという水やりのタイミングを色変化で知るためのものです。
とても便利ですよ。
SUSTEE https://sustee.jp/





カテゴリ: 植物

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2024/03/15 Fri. 10:37    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

公共駐車場でのマナー

「ヨットは只今漂流中」に戻る

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

amazonアソシエイト

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム