つれづれなるままに・・・

ヨットのこと、写真のこと、猫のこと、その他、つれづれなるままに・・・

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
 

動物よけ警笛 

北海道の道路を走行していると、野生動物に遭遇することがよくあります。
代表的なのがエゾ鹿とキタキツネ、たまにヒグマ??
単純に道端にいるのを見ているだけなら平和な風景ですが、厄介なのが道路に飛び出してきて車と衝突すること。
道路に飛び出してきたエゾ鹿を避けようとハンドルを切って路肩に転落し死亡事故。
エゾ鹿がフロントガラスを突き破って車内に飛び込んできて、車内にいる人が死亡。
そんな事故もあったりします。
エゾ鹿と衝突して車が破損したなんてことが珍しくはありません。

一昨年は、ラジアル北海道選手権で屈斜路湖に遠征していたM黒さんがエゾ鹿と衝突して、前部のバンパー破損。
つい先日もN代(弟)さんが中山峠を走行中にエゾ鹿と衝突して左側ドアとバックミラー破損。
いくら注意していても、夜間に突然に飛び出してくるエゾ鹿を避けることは大変だったりします。
そんなエゾ鹿との衝突を事故を避けるにはどうしたらいいのか?
一番いいのは、エソ鹿がいるような道路は走行しないことですが、中山峠という交通量の多い道路にもエゾ鹿が出没するということで、北海道の道路は市街地でも無い限りはエゾ鹿がいる可能性が高い。
いくら注意していても、夜間などはいきなり飛び出してくるエゾ鹿を避けることは大変です。

そんな「エゾ鹿との衝突を避ける方法」として、最近注目されているのが動物よけ警笛
警笛が発する超音波で飛び出そうという動物を怯えさせることなく立ち止まらせ、車両との衝突・接触事故を防止する目的でオーストラリアで開発されたものです。
つい先日、私の車にも動物よけ警笛を取り付けしました。

20171106-1.jpg

20171106-2.jpg

その効果のほどはまだ不明ですが、動物よけ警笛を取り付けしてから一度もエゾ鹿には遭遇していません。
実証結果と動物よけ警笛のしくみが、輸入元・発売元の株式会社アバで紹介されています。
http://aba-japan.com/edo-sta/animal.html

この動物よけ警笛は、商品名「動物よけ警笛 ES-101」という名称で販売されていますが、Amazonで探すと2160円から3510円まで、色々な値段で販売されています。
私は輸入元・発売元の株式会社アバから購入しました。


あまり効果は無いという話もありますが、効果のほどは自分で試してみることをお勧めします。





カテゴリ: 未分類

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2017/11/06 Mon. 22:48    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

公共駐車場でのマナー

「ヨットは只今漂流中」に戻る

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

amazonアソシエイト

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム