つれづれなるままに・・・

ヨットのこと、写真のこと、猫のこと、その他、つれづれなるままに・・・

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

ミシン壊れました 

カーサイドタープ、カーバックタープの2種類を自作中ですが
20170519-8.jpg

無理を承知で厚物縫いで酷使していたミシンが、予想通りに壊れました。
20170623-1.jpg

壊れたのは布送りをする部分
20170623-2.jpg

ミシンが布を縫う動作は、針を刺して上糸と下糸を絡め?布送りをする。この動作の繰り返しです。
デニム(Gパン生地)のような厚物の重ね縫いでも、針を刺すことは安物のミシンでもある程度は可能ですが、布送りをすることはかなり困難です。
それで無理に手で布送りをするわけですが、ミシンにとっては迷惑な話です。
だいたいにして、布では無くてブルーシートのような物を縫うわけなので普通の家庭用ミシンでは所謂「用途外の使用方法」ということになり、手芸店のお姉さんにも「絶対にミシンが壊れますよ」とは言われていましたので予想通りに故障です。

騙しながら酷使していたミシンが悲鳴をあげたのはカーサイドタープの小物入れ袋を作成している時。
20170623-3.jpg

シートの縁に「バイアステープ」(緑の布テープ)を縫い付けた物を、袋状にするために2重縫いするのですが、パイアステープを縫い付けるだけでも5枚の布の重ね縫いになり、その倍の厚さを縫うとなるとさすがに針は刺さるけれど布送りはできません。
20170623-4.jpg

布送りをする部分が「ギギー」と悲鳴をあげて「もうこれ以上、私には無理」と停止してしまいました。

さて、布では無いブルーシートのような物とかナイロンベルトなどの厚物を縫うのに適したミシンは?
手芸屋さんに行って相談したら、勧められたのは一般用ミシンでも超高価な部類に入る一品
20170623-9.jpg
ブラザーコンパル700:希望小売価格135,000円(税抜)

手芸屋さんのお姉様はいとも簡単に「今なら91000円で・・・」とおっしゃられ、「なるほど、考えてみます」と買う気も無いのに答えて帰ってきました。

ネットでは「SUPER JEANS」というジーンズの裾上げ・裾直しも出来るミシンも売られていて値段もそれなりですが、壊れた場合の修理問題、ボビン(下糸)が専用であること等で購入を躊躇してしまいます。
20170623-10.jpg

すでにあるこれだけのボビンをもう一度巻き直して使うのは手間がかかり過ぎます。
20170623-7.jpg

ミシンというのは非常に厄介で、ネットでは安い商品がいっぱいあるけれど、型式が古いことと故障した場合に送料をかけて修理に出さなければならない。
手芸屋さんなどで売っている物は修理持ち込み可能、小物も取り寄せてもらえるけれど、ミシンの値段がネットと比べると非常に高価である。(ネットは市販のほぼ半額)
それと「取扱い店限定」というモデルがものすごく多くて、街のミシン専門店に行って品番を言っても「その商品に関しては当店では扱っていないので商品詳細等は不明です」と言われます。

カーサイドタープもカーバックタープも作成途中の私、どうしてもミシンが欲しいので最後の砦であるユXワヤに行って相談したら、ブラザーコンパル700の安価版が「ユザXヤ限定モデル」として販売されていました。
しかも今なら会員価格でそこそこお安い値段で。
そこそこお安い値段と言っても某手芸屋の安値の7割程度の値段であり、単にカーサイドタープ・カーバックタープ作成のためだけなら購入する気もないのですが、これからもオーニングの補修、センター・ラダーケースの補修、その他諸々と自作予定もあり、少しだけ高価なミシン購入となりました。
今までに壊したミシン2台。共に厚物縫いが原因。3台目は長持ちしてくれるかな??

安いミシンでもテント素材を縫うのには何の不自由もなく、中古タープを分解してメーカーロゴの部分を再利用のために加工するなんてことは朝飯前です。
20170604-9.jpg

20170623-5.jpg

これからの作業で、最難関はポール固定用ナイロンベルトの加工。
こんな感じの物を作るのに
20170604-18.jpg

厚さ1.5mmのナイロンベルトの縫い合わせが必要です。
20170623-8.jpg

男の工作で使うには少し高価なミシンですが、厚物縫いのための機能を備えていますので無理の無い範囲での作業は可能と思われます。
20170623-6.jpg
厚物縫いをしてミシン故障の原因となったのが「生地送り」部分ですが、新しいミシンは「スクエア送り」という機構になっていますので「長時間歯全体で生地が送れる」というところに期待です。

肝心のミシンは商品在庫切れということで入荷待ちですが、ミシン到着次第カーサイドタープ・カーバックタープの完成を目指したいと思います。
こうご期待・・・・







カテゴリ: タープ

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2017/06/23 Fri. 08:12    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

公共駐車場でのマナー

「ヨットは只今漂流中」に戻る

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

amazonアソシエイト

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム