つれづれなるままに・・・

ヨットのこと、写真のこと、猫のこと、その他、つれづれなるままに・・・

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

アイスヨット2017 

昨年、衝突事故によって右足脛・腓骨を骨折したアイスヨットですが、懲りずに今年も1月7日に札幌を出発して釧路に一泊し、8日に根室でアイスヨットに乗ってきました。
今回でアイスヨットに行くのは3度目ですが、今までと違うのは札幌方面から4名で遠征したこと。
20170111-1.jpg

そして、初めてレーザーラジアルのセイルをセットしたアイスヨットでの帆走
20170111-2.jpg

8日の根室はブローで7~8m/s程度の風が吹き絶好のアイスヨット日和でしたが、昨年骨折事故を経験し、まだ右足には髄内釘が入った状態の私は帆走している時の「ガー」という音とスピード感に「また骨折するのではないか?」という恐怖感で満足な帆走が出来ません。
それと、氷上に長く居て足を冷やすと骨折した患部が痛むということも初体験し、アイスヨットに乗っていても右足が「うずき」ます。
そんなことで、今年はあまりアイスヨットには乗らずに動画撮影に没頭していました。

意外とアイスヨットとレーザーラジアルセイルの相性は良いみたいで、皆様楽しそうに乗っていました。
20170111-3.jpg

今回、私と一緒に札幌から遠征したK西君がラジアルセイルをセットしたアイスヨットにスピードメーターを取り付けし、どのくらいの速度が出るのか計測してみました。
その結果
20170111-4.jpg
MAX24.8kn(時速にして約45km)でした。

この記録を出したのは、S田君
20170111-5.jpg

動画を見ていると、初めてアイスヨットに乗るというのにS田君やK西君は短時間でコツを把握して乗りこなしています。
さすがに国体選手は何に乗っても上手いなーと感心します。
この二人、今から来年またアイスヨットに乗ることを楽しみにしている様子です。
水上では体験できない速度での帆走は、一度体験すると病みつきになってしまいます。

今回撮影してきた動画2本とUHB(北海道文化放送)ニュース動画がこれです。







アイスヨットで骨折したのが昨年1月10日。
ちょうど1年が経過し、「髄内釘」の抜釘手術の日程を決めるため1月12日に円山整形外科にレントゲン撮影と診察に行ってきます。
手術跡の縫合傷が消えかかった右足に、また縫合傷が出来ることになるんだねー
20170111-6.jpg

健康の大切さとヨット仲間の優しさを実感したこの1年。
抜釘手術が無事に終わったら、この一年間の恩返しを少しでも実行できたら・・・と思っています。





カテゴリ: ヨットのこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2017/01/11 Wed. 23:34    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

公共駐車場でのマナー

「ヨットは只今漂流中」に戻る

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

amazonアソシエイト

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム