つれづれなるままに・・・

ヨットのこと、写真のこと、猫のこと、その他、つれづれなるままに・・・

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
 

プロの作品 

6日から11日までポルトガルで49erFXヨーロッパ選手権が開催されていますが、オフィシャルサイトで公開されている大会初日の写真の中に「プロの撮影する写真はすごい!!」と唸ってしまう一枚があります。

20150707.jpg

今回の49erFXヨーロッパ選手権の写真撮影を任されているRicardo Pintoさん
この写真は「置きピン」という技法で、スキッパーにピントを合わせて流し撮りされています。
使用しているカメラはNIKON D45、絞りf13、シャッター速度1/60、ISO50、焦点距離240mm
Photoshop Lightroom6.0を使用して微調整されています。

置きピンで流し撮りする場合の基本設定である「シャッター速度1/60」に合致するので
おそらくシャッター速度優先で撮影されたものと思われますが、ISO50という設定には驚き
です。
絞りの値を大きくするためにISOを100以下に設定していると思われます。
絞りが解放値に近くなる(絞りの値が小さくなる)に従ってバックのボケが大きくなるので、
流し撮りの効果が半減してしまいます。

上マークを回航した直後、若しくは下マーク回航直後と思われますが、クルーの激しい
動きに反比例するようにスキッパーの動きが一番緩慢な瞬間を撮影されています。
スキッパーが動いていると、1/60のシャッター速度ではスキッパーもブレてしまうので
こんな写真は撮影できません。

色々と計算してカメラ設定され、ある一瞬を流し撮りすることでスピート感のある写真に
なっています。
さすがにプロの方が撮影される写真は計算し尽くされているなーと感じてしまう一枚です。
とても勉強になります。




カテゴリ: 写真のこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2015/07/07 Tue. 20:42    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

公共駐車場でのマナー

「ヨットは只今漂流中」に戻る

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

amazonアソシエイト

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム