つれづれなるままに・・・

ヨットのこと、写真のこと、猫のこと、その他、つれづれなるままに・・・

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

確定申告 

確定申告の時期となりました。
3月16日までに申告・納税するようにとの国税庁からのお願いです。

年間所得が2000万円を超えるような会社には勤務していない私ですが
昨年から「公的年金等に係る雑所得がある方」という項目に該当するために
所得税及び復興特別所得税の確定申告をしています。

私の場合、放置しておいても別に追徴課税されるような高額の年金雑所得が
あるわけでは無くて、逆に所得税及び復興特別所得税を納め過ぎているので
還付してください
というための申告です。

昨年の還付額は12264円でしたが、今年はその倍の額が還付されるであろうと
淡い期待をしつつ作成した確定申告書がこれ

20150216.jpg

予想通りに還付される税金は24418円と算出されました。
とは言っても、自宅のパソコンで申告書を作成して算出された額であり、税務署から
「すみませんねー、24418円も多く所得税を納めてもらっていましたので還付します」
と言われたわけではありません。
まあ、昨年の例から言っても私の作成した申告書に間違いは無いと思われますが・・

昨年は自宅のパソコンで申告書を作成したら、思ってもみなかった還付額が出てきて
確認を兼ねて税務署に出向いて申告書を作成したら、自宅で作成した申告書と同一
のものが出来上がり、税務署の担当者から「貴方は来年から自宅のバソコンで申告書を
作成し、それを提出すればいいですから。税務署まで来なくていいですから」と言われ
ました。
この時期、税務署に行っても、駐車場に駐車するまでに1時間半、受付の列に並んで
待つこと30分、設置されているパソコンの入力時間10分という感じです。

自宅で申告書作成しそれを税務署に郵送するのであれば、パソコン入力にかかる時間
10分弱、郵便局までの往復10分、わずか20分もあれば申告完了です。

さて、私の作成した平成26年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告書B
どこにも間違いが無く、24418円という納めすぎた税金が還付されるのかどうか??
2週間後くらいに結果が出ます。

私の周囲の準年金生活者(会社勤務で給与所得もあり、個人年金を含めて年金も
貰っている人)の中で、確定申告で追徴課税されたという人がいますが、いったい
幾ら年金を貰っているのでしょうか???
給与所得は確実に源泉徴収されているので、確定申告で追徴課税されるとすれば
個人年金で貰う額が多いからと思われる。
私のように年金額が少ないと、逆に徴収されていた所得税が還付される仕組みに
なっているはず。

追徴課税されるくらい年金を貰っている人が羨ましいよなー




カテゴリ: 未分類

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2015/02/16 Mon. 18:28    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

公共駐車場でのマナー

「ヨットは只今漂流中」に戻る

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

amazonアソシエイト

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム