つれづれなるままに・・・

ヨットのこと、写真のこと、猫のこと、その他、つれづれなるままに・・・

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
 

初遠征の結果 

今年の初遠征の結果ですが、散々でした。
20120625-1.jpg
室蘭の白鳥大橋を走行中。

橋の下の右側がレース海面。
20120625-2.jpg

大好きな「軽風」の2日間だったのに、アウトホールとバングの引き代が気になってレースに
集中できません。

見るにみかねて芦屋のオジサマが2日目の第3レース前に帆走比べをしてくれました。
わずか5分程度でしたが、実に学ぶことが多い時間でした。
特別なことは何も無し。
基本に忠実に、セオリー通りの帆走をすること。それだけです。

そして第3レース。
風は2m/s程度。
下一から出て上マークのレイライン上でタック。そして上マーク。
右海面から来る470に先行されるか?と思ったけれど、何故か私がトップ回航。
オープンレースで、しかもラジアルでは初体験。
きっとサイドマークまでには抜かれるだろうと思いつつも、後続のブランケットに入らない
ように帆走していたら、何故かサイドマークもトップ回航。
さすがにサイドマーク回航後には抜かれるだろうと思ったけれど、スループ艇はスビンに
風を入れるのが大変そうで、その近くにいるホッパースタンダードも混んだフリートから
抜け出せず。

後続艇の悪戦苦闘を知ってか知らずか、何故か私が下マークもトップ回航。
そのままボートで伸ばして、上マークと下マークの中間点のスタート・フィニッシュラインも
私がトップで通過。
ここでセオリーはタックを返してスターボードで後続艇を押さえにかかるところでしょうが
「スケベ」な私は「このままポートで少しだけ伸ばしたらワンタックで上マーク」などと
風が右に若干振れたことにも気がつかずに右海面へ。
気がついたら左海面を勢いよく帆走する集団が・・・
何とかラジアル・SRでは芦屋のオシサマの次で第2上を回航したのですが後の祭り。
第2下回航後に芦屋のオジサマとの差を詰めたのですが少し及ばず。
結局、この第3レースは修正で4位でした。
2日間トータル5レースでシングルの成績はこのレースだけだったので、総合順位は中間あたり
でしょうか?

レース前のわずか5分程度の芦屋のオジサマとの帆走比べが無ければ、こんな位置は帆走できて
いなかったと思われ、レース後にも「第一下回航後は同じ艇種の艇を押さえるコースを帆走を
せんとだめだよ」とアドバイスをもらいました。

私にとって、とても貴重なレース前の5分間でした。
芦屋のオジサマには、感謝感激でございます。
この恩は、紋別のレースで私が前を帆走することでお返ししたいと思っています。
紋別が無理なら標津サーモンカップで、それでも無理なら常呂ペバーミントで、それでも無理なら
ラジアル北海道で・・・・
まあ、何時かそのうちに恩返しができたら嬉しいことです。


カテゴリ: ヨットのこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2012/06/25 Mon. 17:04    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

公共駐車場でのマナー

「ヨットは只今漂流中」に戻る

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

amazonアソシエイト

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム