FC2ブログ

つれづれなるままに・・・

ヨットのこと、写真のこと、猫のこと、その他、つれづれなるままに・・・

12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02
 

レーザー春の北海道選手権 

7月5~6日、小樽祝津マリーナにて「レーザー春の北海道選手権」が開催されました。
20080707-1.jpg


今回は国体成年男子シングルハンダー級代表選考レースと併催という、初めての試みでした。
「当番フリートがレース運営にたずさわる必要が無い」というメリットがあったにも関わらず、当番フリートからの参加者が少なかったことは残念でした。
「参加料が高い」というデメリットもあったのでは?とも思っていますが、北海道での国体シングルハンダー級代表選考レースにおいて、4艇ものレーザーがエントリーしたことは初の出来事で、
結果としてレーザー級の選手が代表に選考されたことはとても嬉しい出来事でした。

レースはスタート時の風向・風速が2日ともに安定しなかったり、先スタートの470級がゼネリコ続きで、我々には少しだけストレスを感じるものでした。
しかし、スタート後は著しい風向の変化も無く、コースの長さも適度で実力が試される全4レースであったと思います。

20080707-2.jpg

毎年、本州から遠征してくださる選手によって盛り上がる北海道の春・秋の選手権ですが、今回は長浜のリゲインさん、芦屋のU田さん、津のK藤さんという超一流選手が参加してくださり、北海道の選手にはとても刺激的な選手権でした。

レースのほうは横文字が無かったKUMAさんが1位で、国体代表選考においても優勝候補筆頭のシーホッパー美少年(鹿屋体育大F谷君)がブラックフラックに引っかかったこともあって、KUMAさんが国体代表選手に選考されました。
この結果には私達も驚き?ましたが、本人が一番驚いていたように思います。

今回の選手権、リゲインさんがZhik普及員としてカタログ持参で参加しましたが、KUMAさんと私は上から下までZhikのウエアで「チームZhik」を大いにPR。

注目はZhikのBAREFOOT BOOTとフットベルトを使用しているKUMAさんのハイクアウト。
2日目4~5mの風でのKUMAさんとリゲインさんの上り勝負は見ごたえがありました。
リゲインさんはチャーター艇の為、BAREFOOT BOOTだけでフットベルトはPSJ純正でしたがBOOTだけでも威力があるのか?という帆走でした。

20080707-3.jpg

熊の手でメインシートをガッチリつかみ、熊の足でフットベルトにガッチリと足を固定!!
見事に2日目の2レース共にトップのKUMAさん。大分旅行券(国体出場権)もガッチリとつかみ取りました。

20080707-5.jpg20080707-6.jpg

20080707-4.jpg
ZhikのBAREFOOT BOOTとフットベルト


メーカーによると
「ZhikGripハイキングストラップは、裏面のラバーがZhikブーツの甲と強力にグリップします。インナーマッスルの緊張をほぐし、より長時間のハードハイクが可能になります。」
とのことで、KUMAさんも「ハイクアウトがとても楽だった」と言っています。
ただ、BAREFOOT BOOTは「足の指を突き指したり、踵が痛くなるかも?」とリゲインさんは言ってました。
近々、最新モデルのレーシングブーツが販売になりますので、それまで待ってから購入することをお勧めします。

後日談
Zhikの最新モデルのレーシングブーツは7月末までには入荷することが判明しました。
フットベルトとブーツのセットという画期的な商品、是非とも試してください。
私はすでに注文済みで、入荷待ちでございます。

カテゴリ: ヨットのこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2008/07/07 Mon. 21:38    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

公共駐車場でのマナー

「ヨットは只今漂流中」に戻る

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

amazonアソシエイト

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム