つれづれなるままに・・・

ヨットのこと、写真のこと、猫のこと、その他、つれづれなるままに・・・

12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02
 

嵐の前の静けさ? 

ノロノロ大型台風12号の影響で、昨日から北国にも「大雨注意報 雷注意報 強風注意報 洪水注意報」が出ています。

艇の状態確認と台風対策のために、朝7時に自宅を出発し小樽市祝津に行ってきました。

日本気象協会の天気予報では、私の住む札幌市西区の午前6時の風速は南南東10m/s、艇を置いている小樽市は南東3m/s。
確かに朝の7時頃に自宅を出て小樽に向かう車道には、風に吹かれて折れた樹木の枝が散乱している箇所があったりします。
風は5~6m/s程度でしょうか?
天気は曇り一部晴れで小雨がパラパラと、何とも複雑な空模様です。
20110903-1.jpg

小樽に向かう国道12号線は何時もの土曜日よりは空いており、8時前には祝津ヨットハーバーに到着。
台風が接近しているので学生は艇を合宿所に避難させている最中か?と思ったら、H大は陸練習をしていた。
20110903-2.jpg
合宿所からハーバーまで荷物を運ぶ手段が「リヤカー」というのが何ともユニーク。
いくら天下のH大生でも「リヤカー」を知っているのはヨット部の人間だけか?
まして、実物を使っているなんてのはヨット部だけだろう。
使い古してポロポロかと思ったら、意外と新品だったりする。
どこから入手しているのか謎である。


勝手に好きなところに艇を置いてもいい?祝津ヨットハーバー。
私の艇は「ハーバーが混んでいても艇を出しやすい」との理由で、海に一番近いラックの下に置いている。
20110903-3.jpg
確かに、平穏な日は出し易くてとても良い場所ですが、荒天の場合は「波にさらわれる」危険が一番大きい場所でもあります。

日本気象協会の天気予報では南東3m/sとなっている小樽市の風ですが、小樽市祝津は8m/s程度と予報の2.5倍くらいの風速でした。

風はそこそこ吹いていますが、外海は「ウサギが100羽」程度の波で
20110903-4.jpg

ハーバーの斜路に押し寄せる波も
この程度で、とても平和な状態です。
20110903-5.jpg

ところが、満潮と荒天が重なると
ここまで波が来た状態を私は見ている。
20110417-9.jpg

陸置きの艇がさらわれてしまうほどの高さまで波が押し寄せては来ないと思いますが、固定していない艇が船台ごと風で押されて波打ち際まで移動していたということがありました。

今回のノロノロ台風12号。
大型なのにノロノロしているので、長時間にわたって広い範囲に雨と風の被害を及ぼしている。
北国に最接近するのが明日なのか明後日なのか、はたまた10日後くらいなのか??

とりあえずは艇を安全な場所に避難させ、しっかりと固定するという作業を本日してきました。

まるで「ここに置いてください」と言うように、海から一番遠くて風の影響も最少と思われる場所に1艇分の空きがありました。
勝手に好きなところに艇を置いてもいい?祝津ヨットハーバーの利点を今日ほど感謝したことはありません。
20110903-6.jpg

これでもか~というくらに3本のシートで艇を固定。
風速30m/s程度まではビクともしないはず。
20110903-7.jpg

ドーナツのような形で、通り過ぎる前と後の2度荒天に襲われるという今回の台風ですが、接近する前から空模様は実に複雑です。
この写真、小樽の帰りに「朝里」近辺で撮影したものですが、左半分と右半分の雲の状態がまったく違います。
20110903-8.jpg

今の札幌市西区は雨も止んで曇り。風も吹いていません。
幸いにして雨量も少なく、琴似神社の例大祭も予定通りに行われているようです。
しかし油断は禁物。ノロノロ台風12号の進路に注意しながらこの週末は過ごそうと思います。







カテゴリ: ヨットのこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2011/09/03 Sat. 15:03    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

公共駐車場でのマナー

「ヨットは只今漂流中」に戻る

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

amazonアソシエイト

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム