つれづれなるままに・・・

ヨットのこと、写真のこと、猫のこと、その他、つれづれなるままに・・・

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

被災フリート支援 

今日、レーザー協会のホームページを見たら「東日本大地震にともなう被災レーザーフリート復興支援のお願い」が掲載されていた。

日本レーザークラス協会は、被災フリートにおけるレーザー活動の復興を支援するため
〔I〕義援金の募集
〔II〕中古レーザー,艤装品の募集
を行なうことになった。とのこと。

そして、被災地である宮城県気仙沼に住む正一郎のレポートと、仙台フリートのN瓶さんの避難所へ救援物資を運んだ話が掲載されていた。

一番ショックだったのは、正一郎が艇を保管していた艇庫を見に行ったら、艇庫どころか、その地区が壊滅していたこと。
近辺を探したら、泥まみれだったけれど、奇跡的にラジアルのセール1枚を発見したこと。
自分のことに置き換えてみると、ものすごく悲しい出来事で、他人事とは思えません。

JSAF加盟の艇種別協会のサイトを覗いてみると、東北地方に住む人の安否確認の掲示板を設置したり、被災フリートの復興支援に立ち上がっているのはレーザー協会だけです。
何と素晴らしいことでしょう。

レーザー・フリート震災復興支援募金は8月末まで受け付けているので、まずは本格的にヨットに乗る予定の4月末に何も被害が無く、ヨットに乗れることに感謝の意味で一回目の募金、6月のレーザー北海道選手権開催の頃に「レースができることに感謝」で二回目の募金を私は予定しています。

東北地方、特に仙台フリートには「秋の東北選手権」で何度もお世話になっている私。
少しだけ、本当に少しだけですが恩返しが出来ればな~と思います。

不要の艤装品をピックアップしてみましたが、あまり使えそうな物も無く、ラジアルセイルが昨年は2枚余っていましたが、売ってしまって今は無し。
最近使っていなくて、被災者支援に出せる物と言えば、スタンダードセール2枚とロアマスト。

スタンダードセールには、2003年に宮城県名取市閖上で開催されたレーザー全日本選手権の計測印が押されています。
そのセールが、宮城県に住むレーザー乗りの人に使ってもらえるのなら、セールも嬉しいか?


今回の震災被災地支援募金は、JSAFでも募金を募っていますが、その支援先をメールで尋ねたら「具体的な使い道に関しては、東北セーリング連盟および外洋東北などの方たちと相談して
決めていく予定です。」
との回答でした。

バルクヘッドマガジンで、千葉県の銚子マリーナが大きな被害を受けたことを知りましたが、JSAFの被災支援募金の使い道の中には、千葉県セーリング連盟の名前は出てきません。

「太平洋沿岸の各県連の被害状況を把握し、被災した県連の方たちと相談して決めます」との回答をJSAFには期待していたのですが、とても残念です。





カテゴリ: ヨットのこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2011/03/26 Sat. 23:33    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

公共駐車場でのマナー

「ヨットは只今漂流中」に戻る

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

amazonアソシエイト

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム