FC2ブログ

つれづれなるままに・・・

ヨットのこと、写真のこと、猫のこと、その他、つれづれなるままに・・・

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

勉強になります 

6月26日から7月4日までカナダオンタリオ州キングストで開催されている
「IODA North American Championship」に参加の日本チームの様子ですが、
同行しているサポート部隊からの現地の情報報告が早くて、レース状況が手にとる
ように判ります。

大人のレースが、大会サイトがネット上での情報公開に熱心か、参加している選手が
努力して情報公開しない限りはレース状況を即日知ることは不可能なのとは比べものに
なりません。

さて、カナダで開催されているOPの大会ですが、参加艇は全艇GPSを搭載して
レース海面に出ており、レースの航跡がリアルタイムで公開されています。
http://www.tractrac.com/index.php?page=eventpage&id=104

注目して見たのは「6月28日2A W+B」のレース
私が影ながら応援している航志君が1位をとったレースですが、彼は上16位、
サイド18位、下7位で回航し、下回航後に右海面に伸ばして早い時期に2位
のポジションでフィニッシュライン手前まで帆走します。
トップ艇はARG3114

フィニッシュライン手前まで2艇共にスターボードで、航志君はARG3114を
上から抑えながら帆走し、フィニッシュライン上でタックしてポートでラインを切る。
ARG3114はそのままスターポードでラインを切る。
フィニッシュラインは若干ポート有利な状態で設定されており、航志君がトップフィ
ニッシュ。艇差は多分10cmくらい。

航志君の「トップ艇を上から抑え、フィニッシュライン上でタック」という作戦は見事でした。
恐らく「フィニッシュラインはポート有利」と判断しての作戦です。
下を帆走するトップ艇は、もう少し早い時期からベアして艇速をかせぎ、タックして
ポートでフィニッシュラインを目指すべきでしたが、恐らく航志君に「スターボー」
と声をかけられて、結局は2位に後退だったでしょう。

たった1レースの状況をGPSの航跡で見るだけでも、色々と勉強になります。

残り6レースかな?
頑張れ航志君&チームJPN!!

canada.jpg
写真はEvent Trackingから転載しました。




カテゴリ: ヨットのこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2010/07/02 Fri. 17:10    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

公共駐車場でのマナー

「ヨットは只今漂流中」に戻る

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

amazonアソシエイト

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム