FC2ブログ

つれづれなるままに・・・

ヨットのこと、写真のこと、猫のこと、その他、つれづれなるままに・・・

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

風見 

ラジアルクラスナショナルチームH田選手の、風見「C-vane」の使用レポートがダウンアンダーセイリングジャパンの「ユーザーの声」に掲載されていました。
http://www.downundersailing.com/info/2009/12/c-vane.html


風見「C-vane」を使用しているH田選手の帆走姿(2010スプリングレガッタ江の島にて)
hiruta.jpg
津フリートKATOさんから写真借用



微風域のダウンウィンドでうまく振れに対応することができたというレポートを読み「微軽風命」の私は「C-vane」を購入しました。
20100422-1.jpg

この風見、分解して持ち運ぶことができ、商品梱包のケースがそのまま保管用ケースとして利用できます。
おまけに予備の羽も付属しています。
20100422-4.jpg
20100422-5.jpg


普通の風見と違って、可動部(羽)を上下から挟み込んで固定するので、メインがひっかかっても従来のように即座に損傷や紛失をしにくい構造になっています。
20100422-3.jpg
20100422-2.jpg


さて、肝心の微風域のダウンウィンドでもうまく振れに対応することができる風見なのか・・・

手持ちの「鳥の羽でできた風見2種類」と一緒にマストに取り付け、風向変化にどのように反応するかをテストしてみました。
20100422-6.jpg

結果は、風向変化に過敏に反応したのは「kamekuri様自作の風見」
つぎが「私が十数年前から愛用し、毎年羽を交換している風見」
残念ながら「C-vane」は風向変化への反応は若干劣ります。

毛糸・カセットテープ・テルテール・etc
色々と試していますが、微軽風で一番反応が良いのは「鳥の羽」を使った風見です。

しかし、「C-vane」の可動部を上下から挟み込んで固定するという方法は使えそうで、可動部を「鳥の羽」に交換して試してみる価値はありそうです。



カテゴリ: ヨットのこと

テーマ: 今日の出来事 - ジャンル: 日記

[edit]

Posted on 2010/04/21 Wed. 21:59    TB: --    CM: 0

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

公共駐車場でのマナー

「ヨットは只今漂流中」に戻る

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

amazonアソシエイト

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム