つれづれなるままに・・・

ヨットのこと、写真のこと、猫のこと、その他、つれづれなるままに・・・

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09
 

緑の中で過ごした週末 

シーマーチンを保管している銭函の吉田浜に行く途中にある「小樽カントリー倶楽部
何時も目にするのは旧コースですが、新コースにおいて8月25-27日の3日間「ニトリレディースゴルフトーナメント」が開催されました。
今年から女子プロゴルフ見物を趣味のひとつに加えた私は、3日間通しの入場券を事前購入して連日朝の5時起きでゴルフ見物に行きました。

写真撮影禁止となっていますが、競技中の選手の迷惑にならない範囲での写真撮影くらいなら大目に見てほしいと思っている私は、マナー違反とは知りつつ密かにコンデジで写真撮影。
ここで公開している写真は全て大会最終日の30日に撮影したものです。



普段は、小樽カントリー倶楽部の陳腐な旧コースしか見ていない私は「新コースも大したことは無いのでは?」などと思っていましたが、素人目に見てもなかなか曲者のコースでした。
いかに難コースであるかは、この記事参照:http://news.golfdigest.co.jp/news/gdoeye/jlpga/article/59234/1/?car=top_nw_t01


17ホールの香妻琴乃選手(左)、季知姫選手(中)、若林舞衣子選手(右)

2日目の最終18ホールをバーディーで締め、-2で最終日を迎えた琴乃選手
最終日はスコアーを2つ落としてしまいイーブンパーで、単独10位。
次回の大会では優勝争いに加われることを期待しています。

17ホールの最終組、左から渡邉彩香選手、穴井詩選手、イボミ選手、


13ホール終了時点ではイボミ選手に2打差をつけてトップだった渡邉彩香選手

14・15ホールで逆にイボミ選手に2打差をつけられてしまいました。
21歳という若さで、あまり感情を表には出さない渡邉彩香選手の心の強さはすごい!!

通算7アンダーで完全優勝のイボミ選手

キャディーの清水重徳さんのアドバイスを参考にするボミ選手

キャディーって単なる道具運び・・・なんて思っていましたが、それは大間違い
優勝者インタビューの中でボミ選手は「キャディーの清水さんのおかげです」と言われていますが、キャディー清水重憲さんは別名「優勝請負人」と呼ばれるほど有名なキャディーさんです。
ボミ選手も絶大な信頼を寄せている方です。参考記事:http://www.nikkansports.com/sports/golf/column/pitchmark/news/1479059.html
清水重憲さんとは:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E9%87%8D%E6%86%B2


大会期間中の各日、先着4000名にニトリレディスオリジナルキャップがプレゼントされました。
写真左から初日・二日目・最終日に貰ったキャップ


日本女子プロゴルフ協会(LPGA)で公開されている大会写真
全てGettyImagesから提供された写真を掲載



ここに掲載した写真は特別な方法で取り込みしていますので、普通にLPGAのサイトにアクセスしても取り込みは不可能です。
GettyImagesのニトリレディスの大会3日目の写真集:http://www.gettyimages.co.jp/search/events/565066801?family=editorial&assettype=image&excludenudity=true&sort=best&phrase=


私、ゴルフはまったくしませんので、プロの試合を見物しても今後の自分のプレーの参考になるようなことは一切無いのですが、興味を持って観察しているのは試合中の選手の表情の変化です。
バーディーをとれそうだったのにパーだった、パーがとれると思ったらボギーだった・・・
そんな時の選手の表情を双眼鏡で観察していると、ムッとした表情が顔に出てそのままの表情で次のホールに向かう方と、一瞬ムッとした顔になるけれどすぐに元の表情に戻って、何事も無かったかのように次のホールに向かう人、何があってもあまり表情を変えない人・・・
私が観察した結果としては、心境の変化が一瞬顔に出るけれど、すぐに元の表情に戻る人は成績も良いと感じます。
今回の優勝者イボミ選手は、少しの失敗では表情に変化はありません。多少は顔が曇りますが、すぐに笑顔になります。
失敗したのは誰かのせいではなくて自分が悪いから。次のホールは失敗しない・・との心構えが顔に出ていて、見物していても気持ちがいいものです。
来年の札幌近辺で開催される女子プロゴルフの大会見物が今から楽しみです。
男子プロの大会は興味無いのか???? 今回のようにギャラリーにキャップのプレゼントがあるのなら1回くらいは見に行ってもいいかも知れません。
観察するのは、もちろん選手の表情ですが・・・

それにしても、今回の大会でも沢山のプレスの方が写真撮影をされていますが、500mmとか600mmの超望遠1本だけの方が多いのですが、アップの写真だけ撮影して商売になるのかなー?と思いながら見物しています。
それと、写真撮影に熱中するあまりに見物しているギャラリーのことなど考えないプレスは困りものです。
超望遠以外に70-200mmくらいのレンズを付けたカメラでの写真撮影もしているプレスは、だいたい前(被写体)の他に後ろ(ギャラリー)にも気をくばってくれます。
無言ですが「すみません」という表情をされるプレスの方には、こちらも無言ですが「綺麗な写真を撮影してください」と応援してしまいます。

ゴルフ見物は、ゴルフ以外にも楽しめることが多くて飽きません。









カテゴリ: 未分類

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2015/08/31 Mon. 21:00    TB: --    CM: 0

第8回サーモンカップ 

亡き人の思いを受け継いで、亡き人の艇でヨットレースに参加する・・・
昨年5月に突然逝ってしまったIさんの供養を兼ね、彼が生前愛用していたホッパーで参加すること2度目となるサーモンカップレースが23日に開催されました。
昨年のサーモンカップの様子を記載したブログは http://mura5151.jp/blog-date-20140826.html 参照
昨年はホッパー全日本に向けて真面目に練習していましたが、今年はホッパーに乗るのは今回が初めて、おまけにウネリのある中風域(6~7m/s)の海面でのレースで、第一レースはリコールしたと思って解消していたら「一番いいスタートしていたのに」と運営に言われるし、第三レースはスタートして5分でアウトホール抜けというアクシデントでリタイアするしで散々な成績でした。
年に一度しかホッパーに乗らないのでは、軽風域では何とでもなりますが、少し吹いて波のある海面では乗り方を忘れていてレースにはなりませんでした。
来年からもIさんの艇でサーモンカップに参加することに変わりはありませんが、あくまでも供養のために乗ってあげるというスタンスに変えようと思います。
彼を供養するには、墓の前で手を合わせるよりも愛用していた艇に乗ってあげることが一番です。

今年で8回目のサーモンカップヨットレースですが、前夜祭とレース賞品の豪華さはものすごい。
前夜祭のメインは「海老」「蟹」「ホタテ」「煮ツプ」・・その他、海産物がいっぱい


マイクを握って「ハスカップが何たら・・」と語っているY本真理ちゃんの横に無造作に置かれている「花咲蟹」と「毛蟹」
「毛蟹」はスーパーでも売られていますが、「花咲蟹」には滅多にお目にかかりません。
おまけに高価だし。最近は毛蟹よりも高価だと思います。
そんな蟹がお腹いっぱい食べられるなんて、何と豪華なのでしょう。

前夜祭の食材は全て主催者であるKちゃんの自腹
いくら職業が漁師とは言え、蟹は何処かから買ってくるわけで、感謝いたします。

今年の国体代表の美香さんが娘夫婦を連れてきましたが、娘が母さんにそっくりで、特に声だけ聞いたら母なのか娘なのが判らないくらに似ています。
笑い声なんて本当にそっくりで、驚いてしまいます。


サーモンカップ名物は前夜祭の食材でだけではありません。
参加賞は「鱒一匹」


魚を捌くために、まずは出刃包丁を研ぐところから開始


メスが欲しかったけれど、欲を出して大きいのを選んだらオスだった。


いまひとつ出刃包丁の切れ味が悪く、少し雑な三枚下ろしでございます。


身は少し大きめにカット


こんな感じに鱒は捌けました。
粗は鍋か汁ものします。


てなわけで、頭などの粗は「石狩汁(鱒版)」に変身

白子がすごく美味しかったですよ。

こんな豪華な参加賞が貰えるサーモンカップに、是非とも皆さん参加してください。
優勝したら、買ったら1万円以上はする「時知らず」という高級な鮭が貰えますよ。





カテゴリ: ヨットのこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2015/08/25 Tue. 06:51    TB: --    CM: 0

眠たい日曜日 

16日の日曜日は午前中はヨットに乗りましたが、16時からNECカップという女子プロゴルフの中継があるので14時過ぎに札幌に向けて祝津を出発しました。
ところが、帰り道は異常に眠たい。
女子プロゴルフの中継をソファーで横になりながら見ていたら寝てしまい、19時頃に一度目が覚めたけれど眠たいのでそのまま寝て23時頃に目が覚めました。
夕食もとっていないので、さすがに腹が減って23時過ぎに遅い夕食。
そして2時過ぎから6時まで熟睡・・・
16日は何と10時間の睡眠です。普段は寝ても5時間位なので倍の睡眠時間です。
お疲れの原因は13日の花火の場所取りでしょうか??

13日早朝に札幌から帯広に向かい、12時前から花火見物の場所とり。
花火が終わった21時過ぎに中札内の道の駅まで車を走らせ、道の駅「中札内」で車中泊。
14日は弟子屈町で墓参りして札幌到着が15日未明。
13日から2日間の走行距離800km。
15日はボーっとした一日を過ごしましたが、疲れはとれていなかったみたいです。

さすがに10時間も寝たので今日は真面目に「2015全日本マスターズ遠征記録」の続きを作成しようと思っていましたが、sakisayo.comのオフィシャルブログ作成に時間をとられ作業が進みません。
だんだんマスターズの記憶が薄れていきそうで困ったものです。

23日はサーモンカツプレースなので、それまでには「2015マスターズ遠征記録」を完成させようと思います。
ちなみに、サーモンカップの差し入れのワインを4本購入済です。

一番右端は私が飲みたくて購入した物ですが、左側3本合計の値段と大差ない値段です。
「差し入れだ」と言って出すのは恐らく左側3本で、右端の物体は持参するクーラーの中で飲み頃に冷やして、自分で飲むことになると思います。
このブログを見た人にだけ「飲ませて」と声をかけてくれたら、特別に一口だけおすそ分けします。
北海道ワイン株式会社の微発泡スイートワイン キャンベルアーリ(甘口)です。






カテゴリ: ヨットのこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2015/08/17 Mon. 21:58    TB: --    CM: 0

公共駐車場でのマナー

「ヨットは只今漂流中」に戻る

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

amazonアソシエイト

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム