つれづれなるままに・・・

ヨットのこと、写真のこと、猫のこと、その他、つれづれなるままに・・・

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04
 

秘密のレース艇用セイル 

USに注文していた「秘密のレース艇用セイル」が完成して27日に届く話を、
24日のブログに記載していますが、今日は届いたセイルの写真を撮影したので
公開します。

発送しましたというメールに添付されてきたのがこの画像
20130330-1.jpg

このセイルはロールした状態で配達されたのですが、ダンボール箱を開けたら何と
セイルケースに入っていました。
セールボード用のセイルケースの購入を計画していましたが、購入しなくても済んで
得した気分。
とは言っても、セイルをロールした状態での送料は7000円でした。

そして、セイルケースに入った状態がこの画像
20130330-2.jpg

セイルはこんなのです
20130330-3.jpg

現在使用中のダクロンセイルを下に敷いて、マイラーセイルを上に広げた画像がこれ
20130330-4.jpg

艤装方法もセイルも既存の艇とは違って、完璧に「レース艇仕様」の艇になりますね~


使用するセイルクロスは何でもいいです、但し現在使用中のセイルより少し小さくとオーダー
しましたが、完成品は気持ち小さめです。

セイルNoは入れてくださいとオーダーしましたが、艇種のマークは自作するからとオーダー
していますので、マークは入っていません。
ちなみに「秘密のレース艇」の艇種マークは「ツバメ」です。

既存のセイルのマークの位置を確認し
20130330-5.jpg

ニューセイルに貼るマークの位置に形紙を置いて大きさの確認。
大きさに問題はありませんが、既存のセイルよりも気持ちだけ下にマークを貼ることになり
ます。
20130330-6.jpg

この形紙を元にセイルクロスをカットして、裏表2枚のマークを作成します。
マーク作成は4月に入ってからの予定です。


レースに出たら、絶対に目立つこのセイル
早くもスポンサーが1社つきました(嘘)
貼る場所が無くて除者にされていた「FSE ROBLIne」の大きめシールの出番です。
20130330-7.jpg

20130330-8.jpg

そして、忘れてはならない「HOPE NEVER GIVEUP JAPAN」
20130330-9.jpg

20130330-10.jpg

レーザーのセイルをロールして保管する時に、芯として雨どい用の塩ビパイプを加工して使用
していますが、秘密のレース艇でも使用します。

長さ的には、レーザー用を20cmくらいカット
アウトホール側はこんな感じで固定
20130330-11.jpg

カニンガム側はこんな感じで固定し、クルクルと巻いて
20130330-12.jpg

20130330-13.jpg

はい、上手くセイルがロールできました。
20130330-14.jpg

このセイルをセールケースに入れて、はい終わり。


マイラーはダクロンに比べて伸びません。
当初は軽風向きか?と思っていましたが、フットは浅めに作られているとのことで、ダクロンに
比べて風の流れも良いと思われ、強風でも楽に乗れそうです。

ディンギーでマイラーセイルを使用したことが無いので、高木さんがyachtingに掲載して
いるSS級のマイラーセイル使用上の注意を勉強中です。
http://www.yachting.jp/How%20To/SS_Class005/SS_class_C2.jpg
http://www.yachting.jp/How%20To/SS_Class005/SS_class_C3.jpg
http://www.yachting.jp/How%20To/SS_Class005/SS_class_C4.jpg

一説には「セイルが痛むのでシバーはさせない」と言われていますが、強風のレースはレースの
合間も帆走し続けていないとダメか?なんて思っていますが、どうなんでしょう??

4月中旬から「秘密のレース艇」の改造を開始し、5月の連休には乗れるようになると思います。
秘密のレース艇とマイラーセイルの写真を公開しますので、お楽しみに。


誤解されると困るので一言
シーマーチンはワンデザインディンギーですが、すでにビルダーが存在しないために、ニュー
セイルを入手したくても純正セイルは販売されていません。
厳格に言えば「レースで使用できるのは純正セイルのみ」となりますので、私が今回作成して
もらったこのセイルでレースに出るのはクラスルール違反の可能性があります。
しかし、すでにクラス協会も無く、明確なクラスルールも存在していないシーマーチンクラス
に「クラスルールを守れ」と言われても、返す言葉は「文章となっているクラスルールを見せ
てくれ」となります。
ニューセイルを入手したくても、純正ニューセイル入手不可能な艇種であるので仕方無しに
レースで使用する目的もありながら、コピーセイルを作成してもらいました。
艇種マーク自作も、レースにおいてシーマーチンクラスであることを知らせることが目的で
あり、純正セイルを示すものではありません。
USに「艇種マークを入れて」とお願いしても、拒否されることも書き添えておきます。
また、参加するレースにおいてレース委員会から「このセイルでのレース参加を認める」との
許可が出ない限りはこのセイルでレース参加することはありません。

カテゴリ: ヨットのこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2013/03/30 Sat. 16:15    TB: --    CM: 0

レーシングセイル完成 

us.jpgに「秘密のレース艇」のセイルを注文していましたが、完成して明日発送と
なります

完成品の写真が無いのですが、100%レース仕様のセイルです。

ちなみに先日はこんな感じに仕上がっていました。
20130312.jpg

実際にこのセイルで帆走していないので、どれだけのPOWERがあるのかは不明ですが
恐らく10ノット超の風では、オーバーパワーになると思われます。
よって、10ノット以下の風でのレースでのみ使用する予定です。
過去の経験から言うと、4~6ノットの風ならトップグループを帆走できるはず。

クルーザーのレースセイル素材で出来ているセイルなので、折りたくないためにロールして
送ってもらうのですが、驚くほどの送料がかかるらしい。
まあ、それはそれで仕方ない。

このセールを運ぶ時も「セイルケース」に入れるのですが、今考えているのは「セールボード用
のセイルケース」
20130324.jpg
LIBERTYという会社のホームページを見ていますが、ヨットのサイトよりも面白い。
ヨットでも使えそうな部品も沢山ありそうな感じです。

LIBERTY
http://www.libertywind.jp/index.html


ついでに「秘密のレース艇」のハルカバーもus.jpgに注文したのですが
商品カテゴリーに「シーマーチン ハルカバー」でUPされています。
うーん、私以外は誰も買う人はいないかも知れませんが・・・
http://ullmansails-jpn.shop-pro.jp/?pid=56769449

と言うことで、30日あたりに「レース用セイル」をこのブログでお披露目します。



カテゴリ: ヨットのこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2013/03/24 Sun. 21:17    TB: --    CM: 0

ぼちぼちと 

週刊「ロビ」が3号まで発行になったので、ぼちぼち製作開始です。

20130318-1.jpg

創刊号は「右耳ベース」「耳パネル」「フロントヘッドカバー」「黒目」「白目」「反射テープ」
「ミニロビフィギア」のパーツが付いていますが、今のところ「黒目」に「反射テープ」を貼る
ことと、その「黒目」に「白目」を差し込むだけの作業です。

20130318-2.jpg

たったそれだけの作業ですが、プラモデル作成並みの道具が必要です。
それは「黒目」が傷つき易いので保護作業をする必要があるから。

まずは「黒目」の周辺に「反射テープ」を貼る作業。
20130318-3.jpg

組み立てガイドでは「黒目」の表面に貼られている薄いビニールを剥がしてから作業すると
なっていますか、「黒目」保護のため薄いビニールを貼ったままで「反射テープ」を貼る作業
をします。
20130318-4.jpg

2個の「黒目」に「反射テープ」を貼ったら、「黒目」の傷防止のために「スーパークリアー」を
薄めて塗ります。
20130318-5.jpg

「スーパークリアー」と「薄め液」を1:2の割合で混ぜます。
20130318-6.jpg

「薄めたスーパークリアー」に黒目を浸して乾燥させることを3回程度実施。
20130318-7.jpg

ホコリ等が付かないように、タッパー等で保護して乾燥させます。
20130318-8.jpg

創刊号に付いてきた部品で、今のところ細工をしたのは「黒目」「白目」だけ。
あとは、何時使うのか不明な部品がこれだけ。
20130318-9.jpg
この「右耳ベース」「耳パネル」「フロントヘッドカバー」は何号の時に使うのか記載も無く
実に不親切です。

これが2号に付属の部品。
「左右のヘッドフレーム」「ネックスタンド」「目のフレーム」「フェイスカバー」「遮光
テープ」「皿ネジ」そして特別付録のプラスドライバー
20130318-10.jpg

M2x4.5mmの皿ネジはかなり小さい。
タッパーのフタ等に入れて作業しないと、紛失の恐れがあります。
20130318-11.jpg

2号は付属の部品全てを使います。
今号の作業は「ヘッドフレームに目とフェイスカバーの取り付け」
これが作業結果です。
20130318-12.jpg

続いて3号の付属部品の組み立て。
と言っても、右胸カバーへの右上腕取り付け、サーポケーブルの準備の2工程のみ。
20130318-13.jpg

サーボケーブルに保護シールの貼るのですが、これはヒンセットが無ければ少し困難。
事前に「ビンセットがあったほうが作業し易いですよ」なんて案内も無し。
とても不親切です。

今回付属の保護シールは、全てのサーボケーブルの保護で使用するものなので要保管品
20130318-14.jpg

3号に付属の部品も、これだけ余ります。
いったいこの部品は何号で使うのか一切不明で実に不親切!!
20130318-15.jpg

付属のネジ類は予備が1~2本あるので、何号に付属していたのかを明記して保管します。
20130318-16.jpg

3号までの作業で、「これはプラモデルを組み立てているほうが楽だよな」
短期間で「頭部」「胸」「腕」「胴」「足」の部品を配布してほしいものだ
と感じています。

こんなチマチマとした作業が70回も続くのかと思うと「イラ」っとします。
あまりにも毎号での作業量か少なすぎて、作る楽しみが半減です。

カテゴリ: Robi

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2013/03/18 Mon. 21:07    TB: --    CM: 0

公共駐車場でのマナー

「ヨットは只今漂流中」に戻る

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

amazonアソシエイト

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム