つれづれなるままに・・・

ヨットのこと、写真のこと、猫のこと、その他、つれづれなるままに・・・

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05
 

冷たい春雨 

久々にカテゴリー「ヨット」で日記を書きます。

昨年10月30日の日記に書きましたように、竜巻?に襲われた私の艇はデッキに3ヶ所の
傷を負っています。

それに追い打ちをかけるように、私の心には大震災で大きな傷が・・・

心の傷が回復するのには時間が必要ですが、艇体の傷は早く治してあげようと、本日出動。

約5ヶ月ぶりに見る私の艇体は、昨年置いてあった位置とあまり変わらない位置にいました。
20110416-1.jpg

かなり腐食してサビだらけのラック、しかも上にはホッパーⅠが・・・
もっと安全な場所に移動したいけれど、この場所、艤装するのに邪魔者が無くて便利なんだよ
ね~
遠征に行く時も、すぐ前まで車が入れれるし・・・

まあ、少し様子見かな??


今日は小雨が降っていたので、艇庫の中で修理をしようと思ったけれど、入るスペース無し。

仕方ないのでビニールシートを屋根がわりにして作業を開始したけれど
20110416-2.jpg

本日の最高気温8度
寒いし、風も吹いているし、ポリエステル樹脂の硬化に時間がかかりそうなので作業中止。
明日早朝から作業再開ということで、傷の周囲にマスキングテープを貼っただけで帰って
きました。

ヨットハーバまでの道には、まだ雪があったりしますし20110416-3.jpg

都会のど真ん中にある私が住んでいるマンションの中庭にも、ちょっぴりと残雪
あったりして
20110416-4.jpg
(真中あたりの白い物が雪でございます)

本当にあと2週間後には桜が咲くのかと疑問になる気温の低さです。


帰ってきて何をしていたのかと言うと、4月5日の続きで、HDクラッシュしたパソコンのHD交換
20110416-5.jpg
(左が古いHD、右が新しいHD)

かなりマニアックな作業です
20110416-6.jpg
(左側に出ているのがCDドライブ、その下が内蔵HD)

ところが、新しいHDに交換してもファイルが壊れているとか何とか言ってWinXPは起動せず。
これは致命的故障で、パソコンに付属のリカパリーデスクでは復活不能と判断。

何かヒントは無いかとF通のお客様相談窓口に電話。
「古いパソコンなので相談料がかかりますが?」とアナウスされ、クレジットカード払いを指定して
カード番号を入力し、ようやっと相談窓口に接続されて担当者とお話を開始。

症状を話すと、やはりパソコンに付属のリカパリーデスクでは復活不能と言われ、おまけに古い
バソコンだから交換部品も保存期限を過ぎているので修復不能ですよ。
この回答では、相談料を払ってもらうのはしのびないから相談料は無料。と言われました。

そこを何とか、と色々と話をしている中で「古いHDのパテーション設定を変えたら回復するかも?
但し、一切保証の限りではない」との回答をもらい、試してみました。

何と、見事に、クラッシュしていた古いHDが甦ったではあ~りませんか。
すごいね~
20110416-7.jpg

何がすごいって、修復不能と言われたパソコンが復活したのです。


何事も諦めてはいけません

頑張らなくてもいいけれど、諦めないことは大切です。

松島のこの景色がまた見られるようになることを祈っています。
20110416-8.jpg

gambaro.jpg




カテゴリ: ヨットのこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2011/04/16 Sat. 21:00    TB: --    CM: 0

いや~ん 

日本気象協会北海道支社によると、札幌の今年の桜の開花は5月3日頃らしい。
平年よりも2日、昨年よりも4日早い開花らしい。
7日には満開を迎える見込みで、北国にもようやっと春が来る。

こんなご時世なのに花見など・・・
某都知事は「花見は自粛しましょう」などと言ったらしいが、被災地の蔵元の方は「花見を自粛するよりも、花見をして日本酒を飲んで応援してほしい」と言っている。

hanasake

このサイトの話は、私が購読している北海道新聞の今朝の札幌圏27面にも掲載されているのですが、その記事の中に「月の輪酒造店」の杜氏横沢裕子さんの年齢が書かれている。

いや~ん

記事の中に登場する札幌の酒店の社長の年齢は書かれていないのに、何で女性の年齢をバラスかな~

「ハナサケ!!ニッポン!!」のサイトの動画はランダムに再生されるのですが、私が初めてアクセスした時に再生されたのが「月の輪酒造店」の杜氏横沢裕子さんの動画でした。




女性の杜氏で思いだすのは「夏子の酒」というドラマ。
和久井映見を今でも好きな私には、ドラマの内容よりも、共演していた萩原聖人とその後結婚したことがものすごくショックでこざいました。

福島に住むレーザー乗り、S藤さんが掲示板で使ってるネームが「つきのわ」
「月の輪」という日本酒があることを今回初めて知りましたが、もしかしてS藤さんは「月の輪酒造店」の酒を愛飲しているのか?とも思いました。

何かと気になる「月の輪酒造店」です。








カテゴリ: 未分類

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2011/04/15 Fri. 20:33    TB: --    CM: 0

「レベル7」 

3月いっぱいでラジオとテレビの全活動を休止予定だったジャナーリストの池上彰さんですが、大震災発生の関係で4月に入っても特番に出演され、原発事故の解説を含めて義援金の話等を実に分かり易く説明されています。


そこで私も負けずに「原子力事故の国際評価レベル7」についての解説を・・・
なんてのはウソですが、私なりに「レベル7」の深刻さについて情報収集してみた。

「評価レベル7」の基準は、放射性物質(ヨウ素131、セシウム137)の大気中への放出量が「数万テラベクレル」を超えることだそうです。

チェルノブイリ事故は520万テラベクレルという放出量だそうですが、福島第1原発事故は原子力安全・保安院の試算では想定放出量が計37万テラベクレル。
原子力安全委員会がモニタリング結果から逆算した試算値が計63万テラベクレル。

そんなことから、保安院は「チェルノブイリ事故の1割前後と少なく、同じレベル7でも相当違う」などと言っているのですが、放射性物質の放出量が数万テラベクレルを超えているのは紛れもない事実であり、原子力事故の国際評価レベルでは最悪の「深刻な事故」なのである。

チェルノブイリ事故では、被ばくを原因とする白血病やガンなどで多数の死者が出ました。
幸いなことに、福島第1原発事故で死者は出ていませんが、多数の避難者が出ていますし、放射性物質による海洋汚染、動植物汚染が広がっているのも事実です。



そして本日、新たに「レベル7」の深刻さを知る新聞記事を目にした。
英科学誌ネイチャーは「東京電力福島第1原発の廃炉や周辺の土地の除染対策が終わるまでに今後数十年、場合によっては100年を要する」との専門家の見解を発表したそうです。

1986年に原子炉が爆発したチェルノブイリ事故は、最終的な対策の除染の終了が2065年までかかるとされていますので、「チェルノブイリ原発と同様の除染対策が必要になるだろう」と指摘しているそうである。
新聞記事はhttp://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110413-OYT1T00809.htm


東北地方の復興に10年はかかるだろうと言われていますが、原発事故が終息するには100年かかる・・・
いったい誰がこの責任をとるというのだろうか?



gambaro.jpg







カテゴリ: 未分類

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2011/04/14 Thu. 21:08    TB: --    CM: 0

公共駐車場でのマナー

「ヨットは只今漂流中」に戻る

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

amazonアソシエイト

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム