FC2ブログ

つれづれなるままに・・・

ヨットのこと、写真のこと、猫のこと、その他、つれづれなるままに・・・

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08
 

ミニトマト(続き2) 

ベランダ菜園で育てているミニトマトですが、1株が見事に枯れました。
20200614-1.jpg

枯れたのは、日本デルモンテアグリ株式会社の「フルーツイエローEX」
20200614-2.jpg
枯れる原因は「日当たりが足りない」「風通しが悪い」「過湿によって根が傷んでいる」などが考えられますが、他のミニトマトは元気に育っています。

確かにベランダなので、風通しがすごく良いとは言えませんが、苗が枯れる原因の風通しとは脇芽をとらずにいると葉が生い茂って風通しが悪くなることであり、脇芽なんて何も無いので、それが枯れた原因とは考えにくい。

「日当たりが足りない」も、これまた東向きベランダなので午前中しか日が当たりませんが、他のミニトマトも同様の環境で育っているわけで、これまた枯れた原因とは言い難い。

「過湿によって根が傷んでいる」に至っては、今年から水はけの良い鉢に植えて育てており、他のミニトマト同様の周期で水を与えていますので、これまた何故に貴方だけ枯れるの?であります。
もしかしたら水を与える周期が長過ぎか?そんな馬鹿な・・・
水不足で枯れたのかと思って水を与えたけれど、復活せずです。
根が死んでいると思われ、悪い細菌にでも冒されたのか?コロナか?

同じ環境で育てていても「アイコ」だけは元気が有り余る成長度合いで、すでに第4花房まで開花しており
20200614-3.jpg
二本仕立てで育てるために、アサガオのように3本の支柱を回すように仕向けているので茎が暴れたようになっています。

実のほうも第一花房に5房、第二花房に1房が育っています
20200614-4.jpg

どうも日本デルモンテアグリ株式会社の苗は我が家のベランダとの相性が悪いようで、もう一株ある「めちゃなりトゥインクル」も主枝が判らないくらいに脇芽だらけで、花は一切咲いていません。
花の咲いている苗を購入したのですが、鉢に植え替えた時に第一花房が支柱に擦れてしまって第一花房が全滅したもので、主枝が不明となり、育てているうちに主枝が判るだろうと思っていましたが、脇芽が出続けて主枝が育たない状態です。
20200614-5.jpg

今朝は「これを主枝にしよう」と2枝を決め、それ以外の葉は全て切り落としてやりました。
これが切り落とした葉のかたまり
20200614-6.jpg

かなりスッキリとした姿になりましたが、とにかく花房が何処にあるのか?というくらいに葉しか育たない。
20200614-7.jpg

何か日本デルモンテアグリ株式会社の苗は異常に感じます。
悪い噂があるのか?ググってみましたが特段に日本デルモンテアグリ株式会社の苗の評判記事は無かった。
日本デルモンテアグリ株式会社の苗は我が家との相性が悪かったということで諦め、元気に育っているミニトマト達に愛情を込めて育てていこうと思います。

ベランダとの相性と言えば、花はいいよね。
衝動買いした「アズーロコンパクト」ですが、11日前はこんな状態でしたが
20200603-12.jpg

今朝はこんなになっています。
20200614-8.jpg
「2株も植えたら鉢いっぱいに花が咲く」との美人店員の話を真に受けて購入したのですが、あと半月もしたら鉢いっぱいに花が咲きそうです。
単純に水をあげているだけで元気に育つ花は楽でいい。
来年からはベランダ菜園ではなくて、ベランダ花壇にチャレンジするのもいいかもね・・・


余談
最近、こんなブログも書いています。
https://ameblo.jp/laser177441/
暇なんですよねー




カテゴリ: ベランダ菜園

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2020/06/14 Sun. 10:39    TB: --    CM: 0

ミニトマト(続き1) 

5月10日頃より開始したベランダでのミニトマト栽培ですが、今のところ順調に育っています。
20200603-1.jpg

20200603-2.jpg
右から左に向かって
「純あま」「フルーツイエローEX」「アイコ」「明日香」「めちゃなりトウイナクル」の5品種

「あいこ」以外は特に品種には拘っていませんが、「茎が太い」「第一花房が付いている」の2点に注意して苗を購入しました。

我が家に来てから、茎は支柱と同じくらいの太さに成長しています。
20200603-3.jpg

20200603-4.jpg

つい先日購入した「明日香」という品種の苗ですが、第一花房までの葉数が8茎もあり、かなり強い品種のようです。
20200603-5.jpg

園芸家「深町貴子」さんの指導に従って、第一花房のすぐ下の脇芽も伸ばす2本仕立てという方法で育てています。
矢印が第一花房のすぐ下の脇芽です。
20200603-6.jpg

20200603-7.jpg
成長の早い種類は、すでに伸ばしている脇芽にも第一花房が出来つつあります。

お散歩コース変えたら遭遇した花屋さんの店先で買ってほしそうな顔をしていた「あいこ」ですが、第一花房に1個の実が出来ました。
20200603-8.jpg
「あいこ」は初心者でも簡単に育てられ、果実の出来も良い品種です。
それだけに人気も高くて、苗の入手が最近は困難な店もあります。

「フルーツイエローEX」にも1個の実が出来ました。
20200603-9.jpg

植える時に第一花房が支柱に擦れてしまい、第一花房が全滅した「めちゃなりトウインクル」
20200603-10.jpg

葉の所々も色が変わって枯れているものもあったりして一時は元気が無かったのですが、ここ数日気温が高いこともあって元気になりました。
20200603-11.jpg
しかし、葉は沢山出てくるのですが、どれが本流か分からなくなるくらいに脇芽が多い。
花房が出来るまでしばらく育て、2本仕立てにする茎を決めてから脇芽とりをすることとします。

園芸店の美人の店員に勧められて衝動買いした「アズーロコンパクト」
20200603-12.jpg
かなりの勢いで花数が増えています。
摘芯したいけれど、どのようにするのかよく判らず。
製造元(サントリーフラワーズ)のサイトに掲載されているか??
https://www.suntory.co.jp/flower/gardening/lineup/spring/azzuroc/

どこの分譲マンションも同じだと思いますが、ベランタ゛は「共有部分」のために利用方法に制限があります。
避難経路となっているために、上の階から降りてくる避難梯子の下になる部分と、下の階に降りる避難梯子の部分に物は置けないので、かなり気を使います。
20200603-13.jpg
だいたい2ヶ月に一度、一番上の階のベランダから一階まで避難梯子の経路がチェックされます。
事前に「何時いつチェックします」との案内はありますが、あまりベランダが煩雑にならないように注意しています。
マンションでベランダ菜園をするのなら、やはり専用庭のある一階が一番楽かも知れません。



カテゴリ: ベランダ菜園

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2020/06/03 Wed. 10:53    TB: --    CM: 0

ミニトマト 

コロナ緊急事態宣言の延長が、何を基準として5月31日までなのか?
一国の首相よりも、地方自治体の知事のほうが緊急時の決断力と実行力において優れていることが明らかとなった今般のコロナ騒動。
「極力8割の接触削減に向けた取り組みが必要」と国民に協力を求める前に、検査体制の拡充に「口先だけ」ではなく本気で取り組んでほしいものだと思う昨今です。

コロナによって不要不急の外出は控えなければならないのですが、現実には四季は確実に移り変わり、ベランダ菜園の季節となりました。
今年も昨年同様に「ミニトマト」と「青紫蘇」を栽培します。
昨年と違うのは、2種類のプランターで育てる植物をチェンジしたこと。

昨年までは、30cmX40cmのベジタブルプランターでは「ミニトマト」、直径30cmの深型プランターでは「青紫蘇」を育てていましたが
20200510-3.jpg

20200510-4.jpg

今年は植える植物をチェンジしました。
20200510-1.jpg

20200510-2.jpg

これはYouTubeで偶然に発見した、園芸家の深町貴子さん(Horti)の動画で「ミニトマトの収穫を増やすには、根が呼吸できるようにする」ということを学び、ミニトマトは深型プランターで育成することとしました。


そしてもう一つ。
買ってきたミニトマトの苗は、そのまま鉢に植えることはしません。
苗を倒して数日経過後に、上を向いて育つまで放置します。
20200510-5.jpg

20200510-6.jpg

20200510-7.jpg

これまたHortiの動画よって学んだ収穫量アップの育成方法です。


果たして今年のミニトマトの収穫量はどのくらいになるのか?
今年はデルモンテの「めちゃなり!!トウィンクル」と「フルーツイエローEX」の2種類を育てます。
もちろん苗は第一花房が付いているもので、茎が太いのをチヨイスしています。

園芸家「深町貴子」
https://taka-greenfields.com/






カテゴリ: ベランダ菜園

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2020/05/10 Sun. 06:37    TB: --    CM: 2

公共駐車場でのマナー

「ヨットは只今漂流中」に戻る

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

amazonアソシエイト

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム