つれづれなるままに・・・

ヨットのこと、写真のこと、猫のこと、その他、つれづれなるままに・・・

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

生あれば死もあるわけで 

3日連続で猫の話題が続きます。

インスタグラムfuku20160815さんは1時間に一回は更新するのか?と思われるような頻度で写真を掲載されています。




子猫は可愛いよなーと思いながら、猫と言えばブログ「アメショっす」だよなーと9ヶ月ぶりにアクセスしてみたら・・・
銀'05/7/28-'16/3/13と書かれている。
何???銀ちゃん3月に亡くなったの???と3月のブログを見たら、3月14日に「ご報告です」との記事が。
体から血の引く思いをしながら、その記事を読み泣きました。
元気だった猫が突然に死ぬことがあることに、ものすごくショックを受けました。

「ご報告です」との記事に対してのコメントが1000件
人気あるブログだけに、ブログの作者桃にゃんは辛い思いの中で記事を書いたのだろうと思うと、また泣けてきて。


我が家の猫も突然死んじゃうかも??
これは生きていた証を残すようにブログ「スコティッシュのてつとレッド」の掲載再開したほうがいいのか?なんて思ったりして、わざとらしく写真撮影したりしています。







子猫の時は、どんな猫でも可愛くて、我が家の息子2匹にもこんな可愛い時期がありました。






猫のブログを再開するか? インスタグラムで猫写真公開を開始するか?
真面目に思案中


ところで、私のホームページの表紙にこんなバナーがあることに気がついた方いますか?



amebaに開設していた「Team Flappersサポートブログ」を「懸賞生活始めました」というタイトルに変更して、新たな内容でブログ掲載開始しました。
この話の詳細は、明日掲載します。






カテゴリ: 猫のこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2016/11/28 Mon. 20:46    TB: --    CM: 0

別れの朝 

インスタグラムでfuku20160815 をフォローして以来、かなり多くの時間をインスタグラムチェックに費やしています。

捨て猫「ふく」の子供達も成長し、「ふく子」「キジ」の2匹は、fuku20160815さんの両親に、「クロ」はお友達に引き取られることとなりました。
今朝はふくファミリー6匹揃って最後の朝食となりました。
見ていてホッコリします。少しウルっとしたりも・・・
初めてインスタグラムにコメント書きました。

ガツガツガツガツガツガツ #ふくファミリー #ふくごはん

Fuku20160815さん(@fuku20160815)が投稿した動画 -




愛猫家は是非フォローしてください。
fuku20160815



インスタグラムチェックしていたら、こんなの発見
Sena Takano  新チーム結成か??

アンナとセナのインスタグラム開始。

Ansena Sailingさん(@team_ansena)が投稿した写真 -




すでにフォロワーが152人もいるなんて驚きです。
これからは情報発信するセーラーが伸びる時代だと思います。
インスタグラムに写真掲載するのは1分もあれば終わります。
たった1分で、多数の方に現状報告できるインスタグラムを大いに活用すべきです。
Facebookよりも煩わしくなくて私は好きです。




カテゴリ: 猫のこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2016/11/27 Sun. 09:09    TB: --    CM: 0

奇跡の出会い 

11月24日に「奇跡の出会い」という記事がPouchに掲載されていました。
その記事はexciteニュースのコラムbiglobeニュースのトレンドPeacyのライフスタイルにも転載されています。

内容を要約すると「8月15日に福岡県を旅行中の帰路のサービスエリアで捨てられた白猫を発見し、どうするか迷ったものの引き取ることを決意して、家がある愛知県まで12時間も運転して連れて帰った。後日動物病院で診察してもらったら妊娠中の猫だった。9月19日に無事に5匹の子猫が誕生しました」という話です。
諸々の話はPouchで詳しく紹介されていますのでご覧になられてください。

母猫「ふく」


誕生した5匹の子猫

(2枚の写真はPouchから借用)

一匹の捨て猫を引き取ったことによって、母猫と子猫合計6匹の命が救われたという美談です。
どうやら飼い猫が妊娠してしまって困って捨てられたところを、愛情ある方に拾われて6匹の命が救われた・・・
猫を飼っている者としては、捨てた元の飼い主に怒りを感じると共に、堕胎することも選択肢としてあった中を引き取られた方が出産させることを決断された愛情に感動するばかりです。
美談ではありますが、捨てた元の飼い主には動物を飼う者としての資格があるのか?
可愛いからと安易にペットショップから動物を買い、避妊手術もせずに妊娠したからと動物を捨ててしまう・・・
飼い主として、あまりに無責任です。
最近は「散歩させなくてもいい」「変に甘えないので世話が楽」などと安易な理由で犬よりも猫のほうが飼われる数が多いそうですが、命ある物を飼うことはそんなに安易なことではありません。

私は現在2匹の猫を飼っていますが、ペットショップから購入したのではなくブリーダーさんから譲ってもらった猫です。
譲ってもらう(もちろんお金を払ってですが)時に、猫を飼う姿勢に関して色々とチェックされました。
飼う目的、どのように世話をするのか、去勢をさせる予定はあるのか、その他諸々・・・
譲る相手の猫を飼う姿勢を確認し、猫を飼う資格の無い人には譲らないという素晴らしいブリーダーさんでした。

捨て猫を引き取られた方はFuku20160815というIDでインスタグラムで写真を驚くほどの枚数公開されています。
猫好きな方は是非ともフォローされますように。
インスタグラム fuku20160815 

美談を紹介すると同時に、飼っていた猫を安易に捨てるなどという飼い主がいなくなることを願って紹介させていただきました。

2016.11.25 おはようごはんだよー #ふくファミリー #ふくごはん#全員集合

Fuku20160815さん(@fuku20160815)が投稿した写真 -


カテゴリ: 猫のこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2016/11/25 Fri. 20:37    TB: --    CM: 0

公共駐車場でのマナー

「ヨットは只今漂流中」に戻る

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

amazonアソシエイト

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム