FC2ブログ

つれづれなるままに・・・

ヨットのこと、写真のこと、猫のこと、その他、つれづれなるままに・・・

02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04
 

ジアイーノ 

室内でペットを飼っていると排泄物の匂いに悩まされることが多々あります。
我が家の猫、ウンチを排泄すると「ウンチしたから」と得意げに鳴いて飼い主に教えてくれますが、「見て!見て!こんなウンチが出た」と砂もかけずにその場を離れることがたまにあります。
排泄して鳴くという行為、「排泄したのでトイレ掃除をしてください」という意味もあったりします。
猫は意外と神経質で、自分の排泄物なのにトイレが汚れているとトイレを使わない場合もあるみたいで、正しい猫の飼い方の中に「飼い猫の数プラス1のトイレ用意する」と書かれていることが多い。

排泄して満足に砂もかけずに放置された猫のウンチは臭い!!
特に夏場はかなり気になる匂いです。
「消臭サンド」「消臭抗菌シート」「ペット用消臭剤・スプレー」などを使用しても、効果は短時間。
20191215-1.jpg

何か良い方法は無いか?と思っていたら、定期購入している雑誌「ねこのきもち」の11月号にパナソニック「ジアイーノ」の紹介がされていました。
この製品、食塩水を電気分解することで「次亜塩素酸」を生成して空間の除菌・脱臭する仕組みですが、塩水を作るための塩タブレットを今までは3日に一度補充だったものが今年9月のバージョンアップで半年に一度の補充でOKとなり、操作が楽になったとのこと。
少しお高い商品ですが最近テレビコマーシャルもされるようになり、購入者の3~4人に1人はペットの飼い主ということで消臭効果が期待できそうなので思い切って購入しました。

購入したは「次亜塩素酸 空間除菌脱臭機」 Ziaino F-MV2100
20191215-2.jpg

20191215-3.jpg

操作は簡単で、タンクに水を入れて自動運転させておくだけでOK。
定期的にクリーニング運転もしてくれるので頻繁にメンテナンスする必要はありませんが、雑菌の繁殖を防ぐために週一でトレーの排水作業とタンクの水交換が必要です。
半年に一度は塩タプレットの補充、3年に一度は電極ユニット他の部品交換が必要です。
20191215-4.jpg

「次亜塩素酸」はプールや哺乳瓶の除菌、水道水の浄化、野菜の洗浄などで活用されていますが、ジアイーノの吹き出し口から出る風はカルキ臭(次亜塩素酸カルシウム)がかすかに漂います。
何か病院にいるような感じですが、除菌効果がある証拠でもある感じで気にもなりません。
消臭効果は、排泄物の匂いはまったく感じられずに良い感じです。




カテゴリ: 猫のこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2019/12/15 Sun. 12:49    TB: --    CM: 0

現実を知る猫 

本日より、猫の話は

スコティシュの「てつ」と「レッド」というブログに掲載します。

興味のある方はアクセスしてくださいませ。
ついでに、ブログランキングへの投票をいただけましたら有難い。

http://tetsu2007.blog104.fc2.com/






カテゴリ: 猫のこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2018/02/09 Fri. 19:12    TB: --    CM: 0

火葬しました 

6日午前中に動物病院からレッド君を引き取ってきて、今まで寝床としていた籠にレッド君を寝かせ、お花と水とご飯を供えて7日朝まで一緒に過ごしました。
20180208-1.jpg
今まで一緒に暮らしてきた異母兄弟の兄である「てつ君」は「レッド君はどうしたの?」と近づいては来るのですが、レッド君は消毒匂がするもので「フー フー」と威嚇した声をあげて逃げていきます。
それでも「てつ君」はレッド君が何時もとは違うことは感じているようで、たまに覗きに来ては消毒匂を嗅いで逃げること数度。


7日午前中に「北海道動物霊園 澄川火葬場・霊園」に行って、レッド君を火葬してお骨にしてきました。
20180208-2.jpg
向かって左側の花は、いつもお世話になっている「花時計」から花瓶付きで頂戴しました。

あまりにも急なことで、蝋燭立てとか香炉などの仏具の用意が間に合わず。
本日、DEARPETというペット仏壇。仏具専門店に「虹の橋セット」という仏具セットを発注しました。
到着したら、レッド君の遺骨は「てつ」の手の届かない場所に安置したいと思います。

なぜかと言ったら、本日会社から帰宅したらレッド君にお供えしているカリカリが一粒テーブルの上に。
どうやら「てつ君」が何粒か失敬して食べたと思われる。
「てつ」がレッド君のご飯を食べるのは何時ものことなので、レッド君はあの世から「困った兄ちゃんだ」と思いながら見ていたと思うと微笑ましくもありますが、遺骨袋の房??をいたずらしかねないので予防策です。

その困った「てつ君」ですが、「レッド君」と一緒に10年も生活しており、今までは私が会社に行く時間には二人仲良く寝ていました。
20180208-4.jpg

それが4日から急に一人で留守番することとなってしまい、私は非常に心配していたのですが「てつ君」は思ったよりもしっかりとしていて、体のメンテナスすることで気を紛らせ・・・
20180208-3.jpg

私が会社に出かける時には、諦めの境地で寝ています。
20180208-5.jpg

猫って意外と環境変化に強い動物なのかも知れません。
これで、私の留守中に「レッド君」のご飯を盗み食いしなければ褒めてあげられるのですが・・・
まあ、「レッド君」のご飯を盗み食いしながら寂しさを紛らわしているのかと思うと、怒ることも出来ませんが。

まだまだ私はペットロスから抜け出せていませんが、「てつ君」のおかげで救われています。





カテゴリ: 猫のこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2018/02/08 Thu. 21:54    TB: --    CM: 0

公共駐車場でのマナー

「ヨットは只今漂流中」に戻る

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

amazonアソシエイト

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム