FC2ブログ

つれづれなるままに・・・

ヨットのこと、写真のこと、猫のこと、その他、つれづれなるままに・・・

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

旭岳紅葉(先走り) 

9月6日に発生した胆振東部地震から一週間が経過した13日
会社の仕事は、災害復旧メインだったものが平常作業へ移行している過程で超多忙なのですが、リフレッシュのために13日はお休みをもらいました。
そして、リフレッシュのために行ってみたのが旭岳

旭岳は日本で一番早く綺麗な紅葉が見られるところで、私の写真撮影の師と勝手に決めている米美知子先生お勧めの撮影スポットだったりします。
例年であれば9月中旬から下旬にかけてが紅葉の見頃で、10月に入ると初雪から根雪になってしまいます。
今年はお隣の黒岳に異常に早い初雪が降り、ここ数日は北海道各地で氷点下の気温となっていることもあり、これは今年は早く紅葉するかも?と思っていましたが、少し先走りでした。
綺麗な紅葉は15日以降でしょうか?

まだあまり紅葉していな事は旭岳ロープーウェイの乗り場の係員に聞いて知りましたが、せっかく来たのだからとロープーウェイで姿見駅まで行って、散策コース一周1.7kmを徘徊して写真撮影してきました。

今日からのブログ記事はカテゴリー「写真のこと」は520x370のサムネイルで画像表示し、そのサムネイルクリックで960x640の画像表示するようにしています。

ロープーウェイの「姿見駅」から散策コースを時計方向に進んでみました。

姿見駅から見た旭岳
20180913-1.jpg


第三展望台から見た鏡池
20180913-2.jpg


鏡池に映った旭岳
20180913-3.jpg


摺鉢池に映った旭岳
20180913-4.jpg

何という木の実でしょう?
綺麗な赤色です。
20180913-5.jpg


第四展望台から見える「鏡池」(左)と「摺鉢池」(右)
20180913-6.jpg
夫婦池とも呼ばれています。


第五展望台までの途中で見える景色
紅葉していたら綺麗なんでしょうが、まだ少ししか紅葉していない中途半端な景色です。残念・・
20180913-7.jpg

20180913-8.jpg


じゃーーん、これが「姿見の池」に映る旭岳
20180913-9.jpg


「姿見の池」の周囲は、かなり被写体になる風景が多い。
20180913-10.jpg

これなんて、泳ぎたくなるような景色ですが、ロープが張ってあるので遠くから見るだけ
20180913-11.jpg

雲の動きも活発で天気も良かったことからフィルター交換も忙しいのですが、NDフィルターを試してみなかったことを後悔しています。
20180913-12.jpg

20180913-13.jpg

20180913-14.jpg
ほんの少し場所を変えるだけで、池の表情が変わります。


第五展望台周辺の遠景
20180913-15.jpg
この山小屋には40年近く前の10月上旬に泊まったことありますが、寒さを凌ぐために新聞紙を体に巻いて寝た記憶があります。
今はこの山小屋での宿泊は禁止されていて、悪天候時の避難先としての利用しか認められていません。


第五展望台から姿見の駅までの散策路にて撮影
20180913-16.jpg

20180913-17.jpg


ロープーウェイ「姿見駅」の展望台から見た旭岳
20180913-18.jpg
UVフィルターを省略しただけで空の色が違うことが明確にわかる写真
青空が入る写真の撮影は、とても難しかったりします。


旭岳には、その昔はスキーを滑りに行ったり、黒岳から旭岳までの縦走をしたりと何度か行っていますが、久々に散策コースを歩いてみて自分が年老いたことを実感しました。
右足を骨折して金属を入れたり抜いたりした影響もありますが、笑っている声が聞こえるくらいに右膝が笑っていました。
カメラを担いでいるので、転んだら体の被害よりもカメラ+レンズの代金でフトコロに大きな被害が予想され、ビクビクしながら散策していました。
皮肉なことに、そんな危険を伴う写真撮影にはご褒美的な景色があるものですが、今回は何も無し。
姿見の池で会った写真家に「北側は綺麗な紅葉が見れたよ」と聞かされましたが、北側まで登山する元気は無し。
きっと黒岳方面とか天女ヶ原から旭岳温泉に行くルートは綺麗な景色のオンパレードなんだろうなー。
もう少し若い時に写真撮影に興味をもっていたらと後悔しても仕方ない。

来年からはサンデー毎日なので、少しだけ真面目に写真撮影に励んでみようかなー?
でも、何でもそうですが写真撮影も奥が深いので、溺れない程度にしておこう。




カテゴリ: 写真のこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2018/09/14 Fri. 12:30    TB: --    CM: 0

ヒグマと遭遇 

本日(18日)、道東の滝上町にあります「滝上芝ざくら公園」に芝ざくらの撮影に行ってきました。

20180518-1.jpg

5月の連休には美瑛町に桜の撮影にも行ったのですが、普段の行いが悪いせいか、前日夜の天気予報では晴れなのに、当日になると太陽は隠れてしまうということで、今日もあまり天気は良くありませんでした。

今日の早朝3時過ぎに札幌を出発して滝上に向かったのですが、旭川~紋別道が道路工事の関係で夜間一部通行止めということでナビは普段通らないようなルートを表示。
その指示に従って、旭川を過ぎてから道道61号を走行したのですが、滝上まであと7kmくらいという「滝上佐久留原野」を走行していたら、道路左側の牧草畑を何やら黒い物がウロウロとしていました。
「北キツネ」ではないし「エゾ鹿」でも無い。
黒い犬でも無いし、乳牛でも無い・・・

「エッ!! ヒグマ??!!」

ものすごく山の中でも無く、100m先には民家のあるような場所で、おまけにその民家の前の道路脇では、その家の奥様が道端の草むしりの最中です。
一瞬わが目を疑いましたが、車を止めて道路左側の牧草畑を再度確認したら、確かにヒグマです。
ヒグマと私の車との距離は30mくらい。
小熊ではなく、かと言ってものすごく大きな熊でもなく、歳の頃なら2歳くらいでしょうか?
人生64年、北海道には61年間住んでいますが、野生のヒグマと遭遇するのは初めてです。
いくら私は車の中にいるとは言え、相手は野生の熊です。
少しパニックに陥りながらも、怖い物見たさで車の中から観察を続けます。
こちらに向かってくるようなら、車を発進させればいいことですし、その時はクラクションを鳴らしながら発進しよう・・・
100m先の道路脇で草むしりをしてる奥様も、クラクションの音で熊に気がつくはずだ。

逃げる手順を確認しつつ、「70-200mmのレンズが付いたカメラがバックドアを開けたら取り出せる。何とかして写真撮影したい」などと思いつつ熊を見ていたら、ヤツは私の車に気がついたらしく森に向かって逃げ出した。
それーーっと、車のバックドアを開けカメラバックの中からデジタル一眼レフを取り出していたら、熊は見えなくなっていた。

この写真、熊の去った後の景色です。
20180518-2.jpg
草原の真ん中あたりの草が倒れている場所に熊がいまして、それから松の木のほうに走り去っていきました。
熊は足が速いというのは本当で、一瞬で松林の中に消えました。

いやーー、助手席にiPhoneがあったんだよねー。何でデジタル一眼のことばかり考えていてiPhoneに手が伸びなかったのだろう?
やっぱり冷静さを失っていたんだねー

そのくせ「110番通報して、熊出没注意の看板を出してもらったり、地元のハンターに駆除要請してもらう必要があるのか?」なんて考えて、とりあえずカーナビに現在位置登録をしてみた。
そして100m先の道端で草むしりしている奥様のところまで車を移動させ「今、そこに熊がいましたよ」と言うと、奥様は「まあ、そうなんですか?」
「このあたりには熊がいるんですよ。堆肥を荒らしたりして困っているんですよ」と、あまり驚いた様子がありません。
かなり拍子抜けした私は、110番通報はせずに何事も無かったかのようにその場を離れました。

北海道の田舎道は、北キツネやエゾ鹿の飛び出し事故が多いもので、車に乗っていると無意識に道路左側の林などを注意して見ていますが、まさかヒグマと遭遇するなんて、思ってもみませんでした。
これからは早朝の田舎道を走る時は、車の助手席にS社の600mm望遠ズーム付きのデジカメを積んでおくことにします。
まあ、恐らく、二度と熊と遭遇することは無いと思いますが・・・

滝上の芝桜撮影のついでに上湧別でチューリップも撮影してきました。
20180518-3.jpg

来年からはサンデー毎日生活なので、週末の天気など気にせずに平日に写真撮影行脚できるのが楽しみです。



カテゴリ: 写真のこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2018/05/18 Fri. 23:55    TB: --    CM: 0

円山登山 

再来年は2020東京オリンピックということで、その見物旅行対策の一貫としてS社のDSC-RX10M4というデジタルスチルカメラを購入しました。
20180420-30.jpg

何故にこのカメラを購入したのか?
それは、24-600mm(光学25倍)の大口径高倍率ズームレンズが搭載されているので、風景などの広角撮影から、スポーツや野生動物などの望遠撮影まで、あらゆるシーンを1台でカバーできるから。
20180420-40.jpg

今までは、C社のデジタル一眼レフに100-400mmズーム望遠レンズを取り付けてヨットレース等の撮影をしていましたが、とにかくレンズは重い。
重いということは持ち運びも大変で、旅行や散歩などで使用するには苦労が多い。
今まで使用していたカメラとレンズの合計重量が約2.5kgなのに対して、今回購入したDSC-RX10M4は1kg。
レンズが光学25倍ということで、カメラ+レンズのトータルサイズも今までの半分程度です。
散歩や旅行で使うには、とても便利なカメラと言えます。
DSC-RX10M4に関しては、まだ使い始めたばかりで操作方法その他不明点が多々ありますので、追々レポートしていきます。

本日はDSC-RX10M4の習熟を兼ねて、円山登山をしてきました。
円山は札幌市内のど真ん中にある標高225mの山です。
高さはあまり無いのですが、原始林の中を森林浴を楽しみながら登り、頂上から札幌の街並を一望できます。
街中のすぐ近くにありながら、大自然を楽しめる札幌市民のオアシスです。

円山へは、円山八十八ヶ所大師堂の脇から登るルートと、円山動物園の脇から登るルートがありますが、今日は円山八十八ヶ所大師堂の脇から登って、円山動物園の脇に下ってきました。

円山八十八ヶ所大師堂の脇から登山開始
20180420-1.jpg

円山八十八ヶ所大師堂の脇から登っていくと、登山道の脇に沢山の観音像があります。
20180420-2.jpg
20180420-3.jpg
観音像が建立されている理由はここの記事がとても参考になります。

今の季節は木々の葉が生い茂っていないのであまり原始林という感じはしないのですが、こんな太い幹の木が点在している景色で少しだけ原始林の中を歩いている気分になります。
20180420-4.jpg

昨年の秋からエゾリスの撮影で北海道神宮境内に通っていますが、円山を登山していても何となくエゾリスが出現しそうな場所は匂いで判るという感じで、足を止めて付近を観察していたら・・・
20180420-5.jpg
木の陰をコソコソと、それでいて速足で去っていくエゾリス発見。
あまりの素早さでカメラ設定が間に合わず。

登山者が所々に野鳥用のエサを撒いていますが、そのエサ目当てにやってきた鳥。
20180420-6.jpg
35mm換算590mmでの望遠撮影ですが、慣れないとフレームに上手に被写体を入れることが出来ません。
練習あるのみです。

4月下旬になっても、山頂近くの登山道には残雪が。
20180420-7.jpg
いわゆる「腐れ雪」なので、雪の上を歩いても滑るなんてことはありません。

秋に落葉した木には、ようやっと若芽が息吹き出しています。
20180420-8.jpg
35mm換算で600mmの望遠撮影ですが、コツさえ掴めたら活用範囲が広がりそうな感じ。

北登山口(円山八十八ヶ所大師堂の脇から登るルート)と西登山口(円山動物園の脇から登るルート)の合流地点にある看板。
20180420-9.jpg
動物園裏までは0.7kmと記載されていますが、円山山頂までの距離は消されています。
この看板から100mも行かないで山頂ですが、看板の消された距離は200数十mだったかな?
何故に間違えた距離が記載されていたのか?何故に正しい距離を上書きしないのか不明。

赤線が今日私が登ってきたルート、青線が今日私が下っていくルート
20180420-10.jpg

山頂の表示柱よりも目立つ「山神」の石碑
20180420-11.jpg

「山神」の石碑から数十m先にある山頂表示柱
20180420-12.jpg

標高225mとは言え、久々の山登りは少しだけ汗をかきました。
本格的登山用ではなくて、山歩き用に購入したトレッキングシューズが今回は大活躍
20180420-13.jpg

山頂から見る札幌市内の景色
20180420-14.jpg

20180420-15.jpg


DSC-RX10M4というカメラの習熟目的の円山登山ですが、24mmで撮影した景色と35mm換算600mmで撮影した景色の比較も掲載します。

24mmではこんな景色ですが
20180420-16.jpg
赤い印のあたりを600mmで撮影すると
20180420-17.jpg

同じように、もう一枚
20180420-18.jpg
20180420-19.jpg

続いて、100mmで撮影するとこんな景色が
20180420-20.jpg

200mmで撮影すると
20180420-21.jpg

400mmで撮影すると
20180420-22.jpg

600mmで撮影すると
20180420-23.jpg

これがヨットレースを撮影した場合、600mm望遠の威力はすごいだろうな思います。
来年からは、本格的に船上カメラマンデビューを企んでいますが、今から楽しみだったりします。

下山途中で330mm望遠で撮影した野草
20180420-24.jpg

600mmで撮影した野鳥
20180420-25.jpg

良いことなのか、悪いことなのか、私は撮影した花とか鳥などの名前を調べることはしません。
被写体が何かよりも、どんなカメラ設定で撮影したのかということに興味があります。

DSC-RX10M4というカメラの習熟目的で試してみることは沢山あるのですが、目的とする被写体のフォーカス位置設定を瞬時にできるかどうかということも試してみました。

上から「手前」「中央」「一番奥」にピントを合わせて撮影してみました。
20180420-26.jpg
20180420-27.jpg
20180420-28.jpg

多少C社のデジタル一眼よりもピントが甘い感じがしますが、カメラ設定で解消できる部分もあると思われ、今月下旬あたりから写真撮影修行にC社とS社の両方のカメラを持参して、色々と試してみたいと思います。




カテゴリ: 写真のこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2018/04/21 Sat. 01:42    TB: --    CM: 0

公共駐車場でのマナー

「ヨットは只今漂流中」に戻る

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

amazonアソシエイト

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム