つれづれなるままに・・・

ヨットのこと、写真のこと、猫のこと、その他、つれづれなるままに・・・

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

遠征車両 

4年程前から、5月3日~5日に津でマスターズ世代を対象に「レーザーシニア合宿」が開催されています。
昨年は骨折から半年も経過していないことから写真撮影班での参加でしたが、今年は初めて選手として参加しました。
今年のレーザー全日本マスターズ選手権は、例年よりも4ヶ月近く早い5月27、28日に福井県三国町で開催されますので、大会前のお手合わせとして活気ある合宿でした。
20170513-1.jpg

一週間前から風邪気味の私は食後に薬を服用しながらの参加でしたが、期待を裏切らない津の風に翻弄されて初日・二日は午前だけ練習し午後からは体を休めるという状態でした。
20170513-2.jpg

噂では三国は吹かないとのことで軽風を期待していて、ラッキーなことに最終日は軽風だったので夕方まで練習したかったのですが、帰りの飛行機の関係で泣く泣く午後からは帰り支度で練習できなかったのは残念でした。

しかし、今回の合宿で「遠征車両の後部にテントを設営する」という技を入手しました。
何時も何かと新しいことを見せてくれる浜名湖FのK谷さん。
今回は車の後部にテントを設営していました。
20170513-3.jpg

20170513-4.jpg

最近の大会では駐車場で車中泊はOKだけれど、キャンプは禁止ということが多い。
駐車場のスペースでテントを張って日よけとか雨除けをしたいという時、車両後部のスペースを有効活用できるのが自作のテントです。

車の後部に1.5m位のスペースでテントを設営。
20170513-5.jpg
本人曰く「横にもテントと網を追加したい」とのこと。

私も真似して車両後部に高さ1.6m、横幅1.5m、奥行き1.3mでテント設営を計画。
骨組みは一般のドーム型テントで使用している「アルミ合金中空ポール(直径7.9mm、長さ4.2m」を4本新規購入。
20170513-6.jpg

20170513-7.jpg
センター強度を増すために、使わなくなったドームテントのFRPポールも追加しました。

屋根は「厚手作業シート」
横は通気性を考慮して「防災メッシュシート」
20170513-8.jpg

現在のところ仮に骨組みをしてみて状態確認と各所サイズ確認しただけ。

これから設計図に合わせて作業シート・防災メッシュシートの切断と縫合作業を進めていきます。
縫合作業は、得意のミシン作業。
20170513-9.jpg
問題は、セールケースとかセンター・ラダーケースの作成と違って、全体サイズが大きいこと。
ミシンを使えない箇所は手縫い作業となります。
編み物はしたことないけれど、裁縫はそこそこ得意なので何とかなるでしょう。
問題はマスターズ遠征までに完成するのかどうか?だけですが・・・・

それと、今回の合宿で浜名湖FのK谷さんから入手した技がもうひとつ
それは「水平器」の取り付け
艇をフラットに・・・とは言うものの、感覚だけではフラットになっていないことが多い。
コンパスに水平器を取り付けましょう。
安い水平器でいいんですよ。

ということで、コンパスの基台を新規作成したついでに水平器も付けてみました。
20170513-10.jpg

蛍光緑が「水平器」
20170513-11.jpg
ボールペン同様に胸ポケットに入れて持ち運べる「水平器」が一番安かったので購入し、コンパスの基台にビス止めしました。

軽風の時は艇をフラットにしたほうが良い・・・らしいのですが、さてどうなりますか???
三国マスターズが楽しみです。




カテゴリ: 写真のこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2017/05/13 Sat. 18:17    TB: --    CM: 0

12年前 

年賀状宛名面を試験印刷するために過去の不要年賀状を探していたら、12年前に作成した年賀状が出てきました。



なるほど、関東勤務から北海道に戻ってきたのが12年前か・・・
などと感慨に耽る(ふける)と同時に「恭財喜發」というような賀詞を使っていることに若気の至りを感じます。

いったい「恭財喜發」とは、どんな意味のある言葉なのか?
「恭喜」は幅広く「おめでとう」の意味。「発財」が付くと「商売繁盛を祈ります」
今年も金稼げればいいね~、富と繁栄を願います的な感じでしょうか?
今年もお金(富み)がイッパイな年になります様にって感じでしょうか?
中国でよく使われる新年の挨拶の様なものだそうです。
私は中国人でありませんし、年賀状を送る相手も日本人ですし、意味もまったく知らずにこんな年賀状を作っていたことに呆れていたりします。


年賀状の素材が満載の書籍に年賀状のマナーが掲載されています。
例えば、通信面の賀詞は
「謹賀新年」とか「恭賀新年」は、会社・仕事関係や親戚、目上の人に出す場合
「賀正」とか「賀春」は、同僚や友人に出す場合
「HAPPY NEW YEAR」は、友人や目下の人に出す場合
「明けましておめでとうございます」「謹んで新春のお慶びを申し上げます」は、誰にでも使える
なんてことで、送る相手によって使用すべき賀詞が異なるそうですよ。
そんなマナーを真面目に守るためには、何種類もの年賀状を作成しなければならず面倒ですよねー。
だいたにして、そんなマナーをその書籍に素材を提供している人は知っているのか?と疑問に感じる素材が多々あったりします。

新年早々縁起の良くないと思われる「別れる」「終わる」などの忌み言葉とか、暗い話題を通信面には書かない程度のマナーを守れば、賀詞には別に拘る必要は無いと私は思います。
通信面が横書きなら宛名面も横書きで・・・なんて細かなことに拘らなくても、相手に年賀状は届きますし・・・

カテゴリ: 写真のこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2015/12/20 Sun. 10:49    TB: --    CM: 0

あれが完成 

2016年版の「あれ」(年賀状)裏面が完成しました。


最初に作成してみたのが全面写真のパターン1ですが・・・

インクの消耗が激しそうなので却下


次に作成したのがパターン2のこれですが

猿の顔の色が鮮明で良いのですが、冬の寒さ・厳しさが無いので、写真を変えてパターン3を作成


パターン3がこれ

パターン1の写真をトリミングしていますので、写真の感じはOK。
ほぼこれで決まり。


どうしても試してみたい写真があったのでパターン4を作成


パターン2から4までの画像で「砂模様」の部分は、私の住所・氏名が記載されているのでモザイク処理して表示しています。

結局のところ、パターン2で10枚、パターン3で20枚、パターン4で5枚の計35枚の年賀状をとりあえず作成しました。
お正月に、私のところに届くであろう年賀状の推測枚数は33枚以上40枚未満か??
3種類の写真のどれが誰のところに届くかは、宛名印刷完了まで私にも不明です。
半日乾燥させてから宛名面を印刷し、一行コメントを書き足す作業があるので、発送は21日かな?

とりあえず年末の作業が一つ終わったので、残すは大掃除。
明日20日はベランダ掃除とガラス磨き・網戸掃除を予定しています。






カテゴリ: 写真のこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2015/12/19 Sat. 17:48    TB: --    CM: 0

公共駐車場でのマナー

「ヨットは只今漂流中」に戻る

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

amazonアソシエイト

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム