FC2ブログ

つれづれなるままに・・・

ヨットのこと、写真のこと、猫のこと、その他、つれづれなるままに・・・

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12
 

「青い池」2019晩秋 

11月3日は美瑛の「青い池」に写真撮影に行ってきました。
天気予報は一日中曇りだったのですが、昼少し前に到着した時にはラッキーなことに日が射したり曇ったりで絶好の撮影日和でした。

「青い池」で気になることは、池の中の立木の本数が年々減っていること。
2013年5月に撮影した写真はこんな感じで、木が並んでいましたが・・・
20191105-1.jpg
注)今回より、このブログに掲載する写真は画像クリックすると1080X720ピクセルで拡大表示するようにしています。

今年はこんな具合で、池の中の立木がまばらになっています。
20191105-2.jpg

「青い池」の水が青いのは、十勝岳を水源とする水に水酸化アルミニウムが含まれていることから日光を反射して青く見えることによります。
つまり、晴れの日は「青い池」ですが、曇りの日は「緑の池」なんですよ。

太陽が雲間に隠れる寸前の色はこんな感じ
20191105-3.jpg

太陽が雲に隠れてしまったらこんな感じ
20191105-4.jpg

こんな写真でもファイル形式をRAWで撮影し、RAW現像ソフトでホワイトバランスを調整すると
20191105-5.jpg
かなり青い水の色となります。

以下、ファイル形式をRAWで撮影したけれどRAW現像ソフトではリサイズしただけの写真を掲載します
20191105-6.jpg

20191105-7.jpg

20191105-8.jpg

20191105-9.jpg

20191105-10.jpg

20191105-11.jpg


11月1日から夕方5時より「青い池」のライトアップが開始されていますが、予想以上に見物客が多くて撮影場所確保に時間を要したうえに、カメラ設定ミスにより完全に写真撮影は失敗しました。
ギリぎり鑑賞に堪えられる数枚を公開

絞り優先(AV)撮影 絞り(f):6.3 ISO:200
20191105-12.jpg

20191105-13.jpg

シャッター速度優先(TV)撮影 シャッター速度:4秒 ISO:400
20191105-14.jpg

20191105-15.jpg

バルブ撮影 絞り:f8 シャッター速度:10秒 ISO:400
20191105-16.jpg

夜景撮影なら絞り優先(AV)で撮影しても問題無しですが、ライトアップのような光源はシャッター速度優先(TV)が適していることを撮影途中で気がつきました。
絞り優先(AV)に設定して絞り:f6.3で撮影するとISO設定が200ではシャッター速度が何と30秒という時もあり、それでなくてもピント合わせがきちんと出来ていないので微妙にボケた写真となります。
とりあえずシャッター速度優先(TV)で4秒間シャッターを開放してみて、カメラ本体は絞り値を幾らで撮影するのかを確認。
最後に、絞り値をf8に設定してバルブ撮影で10秒間シャッター解放して撮影してみましたが、ライトアップの光源が1分間隔程度で変化するために思ったよりも明るい写真にはならず。

次回、青い池のライトアップを撮影する機会があれば、明るいうちにピント位置の確認とISO感度の設定800くらい&シャッター測度優先の設定を忘れずにしたいと思います。


おまけ画像
晩秋となっても針葉樹のカラマツが金色に輝き、雪が降るまでの期間のアクセントとなります。
そんなカラマツの紅葉?写真です。
撮影した時間が夕方だったので、いまひとつの画像です。
20191105-17.jpg

20191105-18.jpg

20191105-19.jpg

20191105-20.jpg




カテゴリ: 写真のこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2019/11/05 Tue. 17:14    TB: --    CM: 0

2019紅葉写真 

驚くべきだらしなさと怠慢により、自分の会社設立以来一度も申告期限内での所得申告をしていなかったというサラリーマンに喧嘩を売っているのか!?という方のニュースがテレビのワイドショーを賑わしていますが、彼が言う「明日やろうが1ヶ月経過し、1年経過し・・・」という怠慢さが自分にも少しはあるよなーと感じる今日この頃でございます。

と言うのも、10月も中旬を過ぎると例年であれば紅葉の写真撮影に出かけているのですが、今年は「明日でいいか?いや来週でもいいか?」と先延ばしにしていて、今週に入ってから思い腰をあげて写真撮影に行ってみたら完全に出遅れでございました。

この4月からサンデー毎日生活となって自由な時間は有り余っているのですが、逆に計画性が薄れるという傾向にあり、特に9月中旬からの半月間の本州遠征から帰ってきてからはダラダラとした毎日を過ごしていました。
某芸能人の所得隠し・申告漏れのニュースを見て、自分も最近は先延ばし行動があるよなーと感じたところでございます。

確か27日だったと思いますが、気象予報士の菅井貴子さん(北海道のローカルお天気お姉さん)が「今年の紅葉は10年に一度の綺麗さです」とテレビで話しているのを拝見し、慌てて28日に近場の手稲前田公園に紅葉写真の撮影に行ってみましたが風が強くて納得できるような写真は撮影できず。

それではと29日は南区の紅桜公園に行ってみましたが、受付の女性に「一週間前が見頃だったのに」と言われ、これまた残念な写真しか撮影できず。
南区というくらいなので札幌南部にある公園ですが、季節の移ろいが秋は札幌市内より一週間早く、春は逆に一週間遅いという気難しい場所です。
南区と言えば、今年は特に民家の近くにクマが出没することが多くて、それだけ自然環境に恵まれていると思われますが、札幌市内とは少し趣が違う場所のようです。
それでも紅桜公園は10月中旬には紅葉の撮影スポットとなりますので、来年は早めの行動を心掛けたいと思います。

29日は残念な写真しか撮影できませんでしたが、夜に雨が降って落葉が進んだと思われるので30日はまたまた手稲前田公園に紅葉写真撮影に出かけました。
紅葉というのは落葉しても「落ち葉の絨毯」が綺麗で、写真撮影には有難い素材です。
28日と同じ場所で撮影しても、30日はまた違った紅葉写真が撮影できました。

風景写真は動き物の撮影と違って、三脚にカメラを固定しマニュアルフォーカスで撮影するのが綺麗な写真を撮影するコツでもあります。
28日から30日に撮影した15枚の写真を掲載しますが、撮影した写真そのままではなくてファイル形式RAWのデータをソフトを使って現像してJPEG変換しています。
あまり大きな補正はせずに、ホワイトバランスとピクチャースタイルの補正程度の作業をしています。
使用しているRAW現像ソフトはDPP4(Digital Photo Professional 4)


撮影日:10月28日 撮影場所:札幌市手稲前田公園
カメラ:Canon EOS7D レンズ:EF70-200mm F4L IS USM
20191030-1.jpg

20191030-2.jpg

20191030-3.jpg

20191030-4.jpg

20191030-5.jpg



撮影日:10月29日 撮影場所:札幌市紅櫻公園
カメラ:Canon EOS7D レンズ:EF24-105mm F4L IS Ⅱ USM
20191030-6.jpg

20191030-7.jpg

20191030-8.jpg

20191030-9.jpg

20191030-10.jpg



撮影日:10月30日 撮影場所:札幌市手稲前田公園
カメラ:Canon EOS7D レンズ:EF50mm F1.2L USM
20191030-11.jpg

20191030-12.jpg

20191030-13.jpg

20191030-14.jpg

20191030-15.jpg


カメラを三脚で固定してピント合わせをしても、風で葉が動いてしまうとボケた写真となってしまいます。
色の補正などはソフトウエアで可能で、ボケた写真の補正もある程度はソフトウエアで出来ますが不自然さを感じる写真となります。
葉のアップを撮影するのは風との戦いみたいなもので、意外と写真撮影には時間を要します。
今回、久々にマニュアルフォーカスでの写真撮影に挑戦してみましたが、景色のような静物を撮影する場合のカメラのオートフォーカス(AF)って意外と撮影者の意図しない部分にピントを合わせることがあることを実感しました。
撮影者が意図するところにピントを合わせるには、カメラを固定してなおかつ被写体が動かない状態でマニュアル(MF)撮影するしかありません。
高精細で撮影すると多少のビントずれも気にならない写真が撮影できると思いますが、メディアの容量が大きくなってしまいます。
印刷する目的が無い限りは保存スペースの関係でメディア容量は小さくしたいのが貧乏人の辛いところ。
動く被写体に対抗して、シャッター速度を少しでも早くするために開放値の小さなEF70-200mm F2.8L IS Ⅲ USM が欲しいのですが、かなりお高めで手が出ません・・・



カテゴリ: 写真のこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2019/10/31 Thu. 16:23    TB: --    CM: 0

旭岳紅葉(先走り) 

9月6日に発生した胆振東部地震から一週間が経過した13日
会社の仕事は、災害復旧メインだったものが平常作業へ移行している過程で超多忙なのですが、リフレッシュのために13日はお休みをもらいました。
そして、リフレッシュのために行ってみたのが旭岳

旭岳は日本で一番早く綺麗な紅葉が見られるところで、私の写真撮影の師と勝手に決めている米美知子先生お勧めの撮影スポットだったりします。
例年であれば9月中旬から下旬にかけてが紅葉の見頃で、10月に入ると初雪から根雪になってしまいます。
今年はお隣の黒岳に異常に早い初雪が降り、ここ数日は北海道各地で氷点下の気温となっていることもあり、これは今年は早く紅葉するかも?と思っていましたが、少し先走りでした。
綺麗な紅葉は15日以降でしょうか?

まだあまり紅葉していな事は旭岳ロープーウェイの乗り場の係員に聞いて知りましたが、せっかく来たのだからとロープーウェイで姿見駅まで行って、散策コース一周1.7kmを徘徊して写真撮影してきました。

今日からのブログ記事はカテゴリー「写真のこと」は520x370のサムネイルで画像表示し、そのサムネイルクリックで960x640の画像表示するようにしています。

ロープーウェイの「姿見駅」から散策コースを時計方向に進んでみました。

姿見駅から見た旭岳
20180913-1.jpg


第三展望台から見た鏡池
20180913-2.jpg


鏡池に映った旭岳
20180913-3.jpg


摺鉢池に映った旭岳
20180913-4.jpg

何という木の実でしょう?
綺麗な赤色です。
20180913-5.jpg


第四展望台から見える「鏡池」(左)と「摺鉢池」(右)
20180913-6.jpg
夫婦池とも呼ばれています。


第五展望台までの途中で見える景色
紅葉していたら綺麗なんでしょうが、まだ少ししか紅葉していない中途半端な景色です。残念・・
20180913-7.jpg

20180913-8.jpg


じゃーーん、これが「姿見の池」に映る旭岳
20180913-9.jpg


「姿見の池」の周囲は、かなり被写体になる風景が多い。
20180913-10.jpg

これなんて、泳ぎたくなるような景色ですが、ロープが張ってあるので遠くから見るだけ
20180913-11.jpg

雲の動きも活発で天気も良かったことからフィルター交換も忙しいのですが、NDフィルターを試してみなかったことを後悔しています。
20180913-12.jpg

20180913-13.jpg

20180913-14.jpg
ほんの少し場所を変えるだけで、池の表情が変わります。


第五展望台周辺の遠景
20180913-15.jpg
この山小屋には40年近く前の10月上旬に泊まったことありますが、寒さを凌ぐために新聞紙を体に巻いて寝た記憶があります。
今はこの山小屋での宿泊は禁止されていて、悪天候時の避難先としての利用しか認められていません。


第五展望台から姿見の駅までの散策路にて撮影
20180913-16.jpg

20180913-17.jpg


ロープーウェイ「姿見駅」の展望台から見た旭岳
20180913-18.jpg
UVフィルターを省略しただけで空の色が違うことが明確にわかる写真
青空が入る写真の撮影は、とても難しかったりします。


旭岳には、その昔はスキーを滑りに行ったり、黒岳から旭岳までの縦走をしたりと何度か行っていますが、久々に散策コースを歩いてみて自分が年老いたことを実感しました。
右足を骨折して金属を入れたり抜いたりした影響もありますが、笑っている声が聞こえるくらいに右膝が笑っていました。
カメラを担いでいるので、転んだら体の被害よりもカメラ+レンズの代金でフトコロに大きな被害が予想され、ビクビクしながら散策していました。
皮肉なことに、そんな危険を伴う写真撮影にはご褒美的な景色があるものですが、今回は何も無し。
姿見の池で会った写真家に「北側は綺麗な紅葉が見れたよ」と聞かされましたが、北側まで登山する元気は無し。
きっと黒岳方面とか天女ヶ原から旭岳温泉に行くルートは綺麗な景色のオンパレードなんだろうなー。
もう少し若い時に写真撮影に興味をもっていたらと後悔しても仕方ない。

来年からはサンデー毎日なので、少しだけ真面目に写真撮影に励んでみようかなー?
でも、何でもそうですが写真撮影も奥が深いので、溺れない程度にしておこう。




カテゴリ: 写真のこと

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2018/09/14 Fri. 12:30    TB: --    CM: 0

公共駐車場でのマナー

「ヨットは只今漂流中」に戻る

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

amazonアソシエイト

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム