FC2ブログ

つれづれなるままに・・・

ヨットのこと、写真のこと、猫のこと、その他、つれづれなるままに・・・

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

2.1CH 

最近WOWOWのコンサート番組を録画することが多いのですが、何か物足りない。
HDMIで2.1CHサウンドバーに接続した音声を聞いているのですが、ステレオ感が無い。
20数年前はテレビコマーシャルは明らかにステレオ音声が出ていたのに、最近のテレビは音のステレオ感が感じられません。

一昨年は真空管アンプを自作して捨てずにあったLPレコードを聞いたり、ウオークマンでハイレゾ音源を聞いていたりするので、私の耳が肥えたことでテレビの音が物足りなく感じると思わます。
もしかして使用している2.1CHサウンドバーの設定が間違っているのか?
大通公園近くに行く用事があったので、ついでにソニーストアー札幌に寄ってテレビの音の物足りなさを相談してみました。
その結果、私のような「マニア」はサウンドバーではなくてマルチチャンネルインテグレートアンプを使用してサウンド空間を作ったほうが良いとの答え。
最近は安いアンプも販売されており、2.1CHであれば低予算でサウンド空間を作ることが出来るとのこと。

ソニーストアーよりも何時も利用しているヨドxxのほうが価格が安いのでヨドxxで商品発注し、商品が昨日届いたので早速接続してみました。

今までは「HT-NT5」という2.1CHワイヤレスサブウーファー使用サウンドバーを使用し
20200718-2.jpg

テレビ周りはこんな感じでしたが
20200718-1.jpg

サウンドバーは撤去して、
新たにマルチチャンネルインテグレートアンプ「STR-DH590」
20200718-3.jpg

3ウエイスピーカーシステム「SS-CS5」
20200718-4.jpg

アクティプウーファー「SA-CS9」
20200718-5.jpg

以上3製品で2.1CHの音響システムを構築
20200718-6.jpg

最近はBD/DVDレコーダーも外付けHDも小さくて、テレビ周りのスペースには余裕がありますが、マルチチャンネルインテグレートアンプ「STR-DH590」は幅430mm・高さ133mm・奥行き297mm・重さ7.2kgと大きく、これでも高級アンプよりは小さいという代物
20200718-7.jpg

黄金に輝く「Hi-Res Audio」
20200718-8.jpg
ウオークマンをBluetoothで接続してHi-Resの音を聞ける楽しみが増えました。

ケチって、3ウエイスピーカーシステムは一番安い「SS-CS5」にしましたが、音はそれなりです。
20200718-9.jpg

中・高音の広がりは、通常は画像左側のようにセンター集中ですが、「SS-CS5」は画像右側のように広がりが大きい
20200718-15.jpg

ドドーンと鎮座するアクティプウーファー「SA-CS9」
20200718-10.jpg

ウーファー径250mm、スピーカーBOX重量11.5kgから出てくる低音は重たい音がします。
20200718-11.jpg

現在使用しているテレビは4年前に購入した「KJ-49X8300D」という製品ですが、テレビスタンドの形状が非常によろしい
20200718-12.jpg

図体の大きなアンプに居場所を追われてしまったBD/DVDレコーダー「BDZ-ZW500」は、テレビとテレビスタンドの間にスッポリと収まりました。
20200718-13.jpg

ディスクトレイの開け閉めにも影響が無く、BD/DVDレコーダーが収納できるようにテレビスタンドの高さが設計されているのか?と思うほどです。
20200718-14.jpg


音の確認のために、20数年前のDVDも再生してみましたが、いかに4K画像とか地デジ画像が素晴らしいかを再認識しました。
今となっては、20数年前のDVDは見るに堪えられません。

ちなみに改良したサウンド空間ですが、まあまあのステレオ感です。
5.1CH環境を作成したら文句ないテレビサウンド空間となるのでしょうが、現状はセンタースピーカーを置くスペースが無いので、テレビ台を含めてテレビ買い替え時が来たら検討です。





カテゴリ: 未分類

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2020/07/18 Sat. 12:09    TB: --    CM: 0

梅酒作成 

スーパーの入り口で、梅酒作り勧誘商品「青梅と35度ホワイトリカーと氷砂糖」が売られていたもので、衝動買いしてしまいました。
普通の青梅と南高青梅があったので、奮発して南高青梅を購入。
紀州梅苑のサイトで梅酒の作り方を調べ、早速作ってみました。

20200617-1.jpg

梅酒作り用のビンは2個も持っていますが、一度もビン本来の用途では使用したことがありません。
梅の代わりに「イカ」を入れて「沖漬け」なんてものをよく作っています。

梅酒作りするには、ビンは熱湯消毒しないとダメなんですね。初めて知りました。

特段に難しいことも無しで、1kgの梅・1kgの氷砂糖、35度ホワイトリカー1.8リットルで梅酒作成。

酒の匂いを嗅ぎつけて息子がやってきましたが、味見できるのは10月以降でしょうか?
20200617-2.jpg

梅は洗ってからヘタをとりまた洗いましたが、取ったヘタが完全に洗い流されていなかったようで、取って洗い流したはずのヘタがひとつ漂っています。
20200617-3.jpg
向かって左下の黒いのがヘタ
ヘタを取ることでエグ味がなくなりさわやかな味わいになるとのことですが、ヘタがひとつくらい漂っていても味に変わりはないでしょう。

涼しくて温度変化の少ない場所ということで、玄関廊下のトランクルーム最下段に置いて年末まで待ちます。
20200617-4.jpg
6ヶ月後から飲めるらしいのですが、1年経つ頃から梅のエキスが浸透して味わい深い梅酒になり、梅の実も深みのある風味が出るとのことなので、来年の今頃からが飲み頃でしょうか?

初めての梅酒作りですが、材料費を考えると市販の梅酒1.8リットル買ったほうが安いとも思われますが、自分で作ったところに価値があるような・・・
自分で作るといっても、冷暗所に放置しておくだけですが・・・
美味しい梅酒が出来たらいいなーーーー



カテゴリ: 未分類

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2020/06/17 Wed. 18:15    TB: --    CM: 0

アベノマスク届きました 

昨日の夕方、ようやっとアベノマスクが届きました。

20200605-1.jpg

小さいと言われているアベノマスクですが、小顔の私にはピッタリです(今のところ)
20200605-2.jpg

別名「大臣マスク」と呼ばれている、上・中・下3構造マスクと比較しても大きさに著しい違いは無し(今のところ)
20200605-3.jpg

一般的な「不織布マスク」と比べてみると縦サイズは遜色無し、横サイズが4cmくらいアベノマスクは小さい
20200605-4.jpg
「不織布マスク」はプリーツ加工されていますので顎を覆うくらいまで下に伸ばして使いますので、アベノマスクはやはり小さい

市販の「ガーゼマスク・キット」で自作したマスクと比べてみると、こんな感じ
20200605-5.jpg
やはり普通のマスクよりもアベノマスクは縦も横もサイズが小さい

コツコツと自作している立体マスクと比較しても、やはりアベノマスクは縦も横もサイズが小さい
20200605-6.jpg

20200605-7.jpg

20200605-8.jpg

ここで間違わないでいただきたいのは、アベノマスクはマスク作成時に「ガーゼを湯通し」していないので洗濯によって縮みます。最近はマスク自作方法がYouTubeに溢れていますが、ちゃんとした方は「ガーゼは濡らすと縮みますので、マスク作成前にガーゼを水かお湯に浸して乾燥させてからお使いください」と説明しています。

アベノマスク使用説明書にも「洗濯によって縮みます・・・」と記載されています。
せっかく国が466億円も投じて一家に2枚配布しているアベノマスクなので、使用前に洗濯(お湯とか水に浸して乾かすだけでいいです)して、どれだけ縮むかを確認してから使用されることをお勧めします。

それにしてもアベノマスクって何処製なんでしょう?
説明書には作成した国も輸入元の会社名も記載されていません、
市販されているマスクは、何処製なのか、輸入元は何処なのか必ず記載されていて、消費者はそれをチェックして購入しているのが一般的です。
税金使って配っているアベノマスクですので、商品単価を記載すれとは言いませんが、何処製かくらいは記載してほしい。
まさか「国産」なのか??シャープ製だったりして・・・

札幌市では労働組合がマスクの寄付ボックスを設置していて、集まったマスクを医療機関や高齢者施設などに贈るという活動をしていますが、今のところ集まったマスクのうち国の布マスクは6割近くにのぼるらしい。
https://news.yahoo.co.jp/articles/2872596432d8c1c74f475fd5ac8ca75d01fb0e2f

菅官房長官は「アベノマスクは寄贈したりしないで、家庭で使ってください。そのために配っているものですから」と言われていますが、一時と違って市場にマスクが溢れている昨今。
あまりに即応性に欠ける国の施策に、税金だけが無駄使いされています。
そのツケは誰が払うのでしょうか???

ちなみに私はアベノマスクはリメークして別のマスクを作ります。
その話は、また今度・・・・


おまけ
申請したら一週間くらいで指定口座に振り込まれると言われていた「特別定額給付金(国民一人10万円)」ですが、申請書は恐らく5月25日には市役所の特別定額給付金担当課に返送されているはずなのに、12日が経過した今日に至っても振込されていません。
驚くことに札幌市は全97万世帯への申請書類の送付を完了し、4日までに約96パーセントにあたる93万世帯から申請書類が返送されているとのこと。
予想外に皆さん10万円に期待しているということで、役所も処理が大変らしい。
あまり期待していない・・・と口にしている私ですら、3日前から毎日通帳記帳に出かけています。
早く欲しいな10万円(貰っても当分は使わないのですが・・・)
https://news.yahoo.co.jp/articles/29c7287416dface0652492a06f2347c6c9569455






カテゴリ: 未分類

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2020/06/05 Fri. 21:19    TB: --    CM: 0

公共駐車場でのマナー

「ヨットは只今漂流中」に戻る

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

amazonアソシエイト

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム