つれづれなるままに・・・

ヨットのこと、写真のこと、猫のこと、その他、つれづれなるままに・・・

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
 

動物よけ警笛 

北海道の道路を走行していると、野生動物に遭遇することがよくあります。
代表的なのがエゾ鹿とキタキツネ、たまにヒグマ??
単純に道端にいるのを見ているだけなら平和な風景ですが、厄介なのが道路に飛び出してきて車と衝突すること。
道路に飛び出してきたエゾ鹿を避けようとハンドルを切って路肩に転落し死亡事故。
エゾ鹿がフロントガラスを突き破って車内に飛び込んできて、車内にいる人が死亡。
そんな事故もあったりします。
エゾ鹿と衝突して車が破損したなんてことが珍しくはありません。

一昨年は、ラジアル北海道選手権で屈斜路湖に遠征していたM黒さんがエゾ鹿と衝突して、前部のバンパー破損。
つい先日もN代(弟)さんが中山峠を走行中にエゾ鹿と衝突して左側ドアとバックミラー破損。
いくら注意していても、夜間に突然に飛び出してくるエゾ鹿を避けることは大変だったりします。
そんなエゾ鹿との衝突を事故を避けるにはどうしたらいいのか?
一番いいのは、エソ鹿がいるような道路は走行しないことですが、中山峠という交通量の多い道路にもエゾ鹿が出没するということで、北海道の道路は市街地でも無い限りはエゾ鹿がいる可能性が高い。
いくら注意していても、夜間などはいきなり飛び出してくるエゾ鹿を避けることは大変です。

そんな「エゾ鹿との衝突を避ける方法」として、最近注目されているのが動物よけ警笛
警笛が発する超音波で飛び出そうという動物を怯えさせることなく立ち止まらせ、車両との衝突・接触事故を防止する目的でオーストラリアで開発されたものです。
つい先日、私の車にも動物よけ警笛を取り付けしました。

20171106-1.jpg

20171106-2.jpg

その効果のほどはまだ不明ですが、動物よけ警笛を取り付けしてから一度もエゾ鹿には遭遇していません。
実証結果と動物よけ警笛のしくみが、輸入元・発売元の株式会社アバで紹介されています。
http://aba-japan.com/edo-sta/animal.html

この動物よけ警笛は、商品名「動物よけ警笛 ES-101」という名称で販売されていますが、Amazonで探すと2160円から3510円まで、色々な値段で販売されています。
私は輸入元・発売元の株式会社アバから購入しました。


あまり効果は無いという話もありますが、効果のほどは自分で試してみることをお勧めします。





カテゴリ: 未分類

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2017/11/06 Mon. 22:48    TB: --    CM: 0

勝毎花火大会 

8月4日のブログに掲載した「勝毎花火大会」を13日に見物してきました。
今までに何度も「勝毎花火大会」は見ていますが、初めて有料席で見ました。

クレーンで吊り下げられている柱2本には8千発の花火が仕掛けられていますが、有料席からは花火に近すぎてカメラ任せで動画を撮影したらピントが合わずに大失敗。
20170818-1.jpg

写真撮影するのには問題ないのですが、動画撮影するのには有料席は花火に近くてピント合わせがカメラ任せでは大変であることを実感しました。
来年はもう少しビデオカメラの設定方法をマスターして撮影したいと思います。

本当は14日に公開しようと思っていた写真と動画ですが、家のインターネット接続ライン故障で2日間程ネット接続不能。
昨日、ルーターやらONUの電源を入れ直したりしていたら回復しました。

まあまあの出来の写真と、ボケボケで満足できない動画を公開します。
花火大会ではなくて、花火・特殊火薬・火柱・照明・レーザー光線・音楽・デジタル制御の「花火ショー」をお楽しみください。

20170818-3.jpg

20170818-2.jpg

20170818-4.jpg

毎年のことながら、圧巻のクランドフィナーレ
夜空を金色に染め上げるラスト2分半の錦冠(にしきかむろ)は感動ものです。


第2部Applauseの中から「Applause」


第2部Applauseの中から「ビッグBaaanG!」

写真撮影できない要素(瞬間的に開いて消える)の多い花火で構成されているプログラム

クレーンで吊り下げられている柱2本から噴射される花火のビデオ撮影に失敗しましたので、主催者公開の360°VRライブ中継をご覧ください。





カテゴリ: 未分類

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2017/08/18 Fri. 23:56    TB: --    CM: 0

勝毎花火 

今年も勝毎花火(十勝毎日新聞社主催花火大会)が開催される季節となりました。
花火好きとしては見逃すことのできない、北海道で開催される花火大会としては最大のスケールの勝毎花火
見物人の数は非公表ながら、推測では毎年5万人超の人が十勝川の河原に花火見物に来られていると思われます。

基本的には無料で見物できる花火大会ですが、見物人が多い故に会場整理費用も嵩むと思われ、苦肉の策で有料席が設けられています。
有料席からは横幅1kmくらいの間で打ち上げられる花火が綺麗に見える・・・
逆を言うと、無料席では主催者の意図している構成の花火を見ることが出来ない場合もある。
そして何よりも、無料席は場所取りが大変です。
19時半から開催の花火なのに、朝の7時くらいに会場に行っても満足な場所はとれず、地方に住んでいる者にとっては花火を見る前に疲れてしまいます。

と言うことで、意を決して今年は有料席(自由席)の抽選申し込みをしました。
8月13日開催の花火大会ですが、有料観覧席のチケット一般抽選販売の受付は5月27日から6月1日までの5日間。
油断していたら有料観覧席のチケット一般抽選販売の申込みを逃してしまうところです。
外れたら外れたでいいか・・・と思っていたら、見事に抽選に当たってチケットが送られてきました。
20170804.jpg
税込で4320円!!
自由席で見れる人数が1名ということで、とても割高な花火見物です。
唯一の救いは16時開場ということで、ゆっくりと花火大会会場に行けることと、有料席ならではの角度で花火が見れること。

動画撮影もしますが、BGMに合わせた花火の動画をTUBEにUPすると「無断使用の音楽が含まれる動画は削除してください」としつこく警告されます。
TUBEにUPできる花火打ち上げの場面が限定されるのは・・・少し残念。

公式プロモーションムービーもかなり苦労して作成されているみたいです。


音と光がコラボした美しい花火は、打ち上げ会場で楽しむのが一番ということになります。


カテゴリ: 未分類

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2017/08/04 Fri. 11:16    TB: --    CM: 0

公共駐車場でのマナー

「ヨットは只今漂流中」に戻る

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

amazonアソシエイト

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム