FC2ブログ

つれづれなるままに・・・

ヨットのこと、写真のこと、猫のこと、その他、つれづれなるままに・・・

11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01
 

コロナの足音が・・・ 

新型コロナウイルスの感染対策強化中の札幌市民ですが、親戚・知人等でコロナに感染した人が皆無なので他人事と思っていました。
ところが、高脂血症治療のために3ヶ月に一度の頻度で定期検査に通っている、病院名は言えませんが所謂「かかりつけ病院」で19日に病棟勤務職員一人の新型コロナウイルス感染症陽性が判明し、濃厚接触者のPCR検査で25日に病棟職員7名・入院患者8名の感染が判明したとのニュースが飛び込んできました。
病院自体は通常の診察等は行っているとのことですが、実のところ12月7日に定期検査に行くことになっているもので何だかなーという感じです。
前回9月に検査に行った時は、病院入口で手をアルコール消毒しマスクをしていなければ病院に入れないように職員が監視しているという感染予防対策はしていますが、待合室は間隔を開けて座るような対策はされておらず、現在はそのあたりの改善がされているものか心配です。
大きな病院なので予約制ではありますが患者数は多く、私が通う循環器内科は何時も患者があふれています。
できれば処方箋だけ書いてもらって、それを持って薬局に行き、薬を貰って帰宅したいところですが、そのあたりは7日の受付時に要相談ですかねー。

とりあえず病院内ではマスクは絶対に外さず、手の消毒のための「除菌ウエットティシュ」持参で病院に行ってみたいと思います。

不要不急の外出は控え、外食も2月以降は一切せず、Gotoキャンペーンには関わることなく、私がコロナ感染に注意しているのには訳があります。
それは、5月頃ですが「新型コロナウイルスに感染しているものの軽症であると診断され、自宅待機をされていた方が低酸素血症で急死した」というニュースをネットで見ました。
参考:https://www.clinicfor.life/articles/covid-033/

私は低酸素血症との診断はされていませんが、通常時でも血中酸素飽和度が低いことが2016年1月に右足骨折で入院した時の手術後の経過観察時に判明しています。
参考記事:http://mura177441.sakura.ne.jp/kossetsu/operation.html


そんなことから、5月下旬に「パルスオキシメーター」を購入して日常の血中酸素飽和度を測定し、不幸にしてコロナ陽性なんてことになった場合に備えています。


現時点で「パルスオキシメーター」が手に入るものかは不明ですが、5月中旬時点ですでに有名メーカーの信頼のおける製品は在庫切れで、仕方ないのでC国製ではありますが信頼のおけそうな物をネットで購入。
注文画面の説明画像と送られてきた実物とは多少違うという問題点があり、何度か質問メールを送付するも回答は一切無し。
それでも機能的には大きな問題も無いので返品せずに使用しています。
実際のところ、測定数値が正しいものかは不明ですが、大きな誤差は無いと思われます。

測定値は左から

%SPO2(経皮的動脈血酸素飽和度):血液中にどの程度の酸素が含まれているか
96%以上  正常
95~91%  呼吸機能低下のおそれ(早めの受診が必要)
90%以下  呼吸不全の状態(酸素投与が必要)

PI%(指先を循環する動脈量):体調がよくないときなどに、熱や酸素を生命活動にとってより重要な臓器に優先的に回すために指先の血流を減らすという生体の防御反応を反映している。
1.0以上が望ましいらしいのですが、ネットで調べても医学用語が多くて私には理解不能

PRbpm(心拍数):1分間の拍動の数
私の年齢であれば67程度が正常値

5月23日の測定側面


11月29日の測定画面


私は心拍数が平均値以下ですが、医者からは指摘されたことはありません。
血圧も最高が100を切ることがあったりしますが、低血圧とも言われたことはありません。
血中酸素飽和度も最近は96以下になることは無く、いたって健康かと思われます。

血中酸素飽和度なんて測定する機会はあまり無いと思いますが、コロナに感染した場合に軽症であっても低酸素血症は死亡例があることから、何かの機会で病院に行った時に血中酸素飽和度を測定してもらって自分の通常の値を把握しておくことをお勧めします。







カテゴリ: 未分類

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2020/11/29 Sun. 15:19    TB: --    CM: 0

2.1CH 

最近WOWOWのコンサート番組を録画することが多いのですが、何か物足りない。
HDMIで2.1CHサウンドバーに接続した音声を聞いているのですが、ステレオ感が無い。
20数年前はテレビコマーシャルは明らかにステレオ音声が出ていたのに、最近のテレビは音のステレオ感が感じられません。

一昨年は真空管アンプを自作して捨てずにあったLPレコードを聞いたり、ウオークマンでハイレゾ音源を聞いていたりするので、私の耳が肥えたことでテレビの音が物足りなく感じると思わます。
もしかして使用している2.1CHサウンドバーの設定が間違っているのか?
大通公園近くに行く用事があったので、ついでにソニーストアー札幌に寄ってテレビの音の物足りなさを相談してみました。
その結果、私のような「マニア」はサウンドバーではなくてマルチチャンネルインテグレートアンプを使用してサウンド空間を作ったほうが良いとの答え。
最近は安いアンプも販売されており、2.1CHであれば低予算でサウンド空間を作ることが出来るとのこと。

ソニーストアーよりも何時も利用しているヨドxxのほうが価格が安いのでヨドxxで商品発注し、商品が昨日届いたので早速接続してみました。

今までは「HT-NT5」という2.1CHワイヤレスサブウーファー使用サウンドバーを使用し
20200718-2.jpg

テレビ周りはこんな感じでしたが
20200718-1.jpg

サウンドバーは撤去して、
新たにマルチチャンネルインテグレートアンプ「STR-DH590」
20200718-3.jpg

3ウエイスピーカーシステム「SS-CS5」
20200718-4.jpg

アクティプウーファー「SA-CS9」
20200718-5.jpg

以上3製品で2.1CHの音響システムを構築
20200718-6.jpg

最近はBD/DVDレコーダーも外付けHDも小さくて、テレビ周りのスペースには余裕がありますが、マルチチャンネルインテグレートアンプ「STR-DH590」は幅430mm・高さ133mm・奥行き297mm・重さ7.2kgと大きく、これでも高級アンプよりは小さいという代物
20200718-7.jpg

黄金に輝く「Hi-Res Audio」
20200718-8.jpg
ウオークマンをBluetoothで接続してHi-Resの音を聞ける楽しみが増えました。

ケチって、3ウエイスピーカーシステムは一番安い「SS-CS5」にしましたが、音はそれなりです。
20200718-9.jpg

中・高音の広がりは、通常は画像左側のようにセンター集中ですが、「SS-CS5」は画像右側のように広がりが大きい
20200718-15.jpg

ドドーンと鎮座するアクティプウーファー「SA-CS9」
20200718-10.jpg

ウーファー径250mm、スピーカーBOX重量11.5kgから出てくる低音は重たい音がします。
20200718-11.jpg

現在使用しているテレビは4年前に購入した「KJ-49X8300D」という製品ですが、テレビスタンドの形状が非常によろしい
20200718-12.jpg

図体の大きなアンプに居場所を追われてしまったBD/DVDレコーダー「BDZ-ZW500」は、テレビとテレビスタンドの間にスッポリと収まりました。
20200718-13.jpg

ディスクトレイの開け閉めにも影響が無く、BD/DVDレコーダーが収納できるようにテレビスタンドの高さが設計されているのか?と思うほどです。
20200718-14.jpg


音の確認のために、20数年前のDVDも再生してみましたが、いかに4K画像とか地デジ画像が素晴らしいかを再認識しました。
今となっては、20数年前のDVDは見るに堪えられません。

ちなみに改良したサウンド空間ですが、まあまあのステレオ感です。
5.1CH環境を作成したら文句ないテレビサウンド空間となるのでしょうが、現状はセンタースピーカーを置くスペースが無いので、テレビ台を含めてテレビ買い替え時が来たら検討です。





カテゴリ: 未分類

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2020/07/18 Sat. 12:09    TB: --    CM: 0

梅酒作成 

スーパーの入り口で、梅酒作り勧誘商品「青梅と35度ホワイトリカーと氷砂糖」が売られていたもので、衝動買いしてしまいました。
普通の青梅と南高青梅があったので、奮発して南高青梅を購入。
紀州梅苑のサイトで梅酒の作り方を調べ、早速作ってみました。

20200617-1.jpg

梅酒作り用のビンは2個も持っていますが、一度もビン本来の用途では使用したことがありません。
梅の代わりに「イカ」を入れて「沖漬け」なんてものをよく作っています。

梅酒作りするには、ビンは熱湯消毒しないとダメなんですね。初めて知りました。

特段に難しいことも無しで、1kgの梅・1kgの氷砂糖、35度ホワイトリカー1.8リットルで梅酒作成。

酒の匂いを嗅ぎつけて息子がやってきましたが、味見できるのは10月以降でしょうか?
20200617-2.jpg

梅は洗ってからヘタをとりまた洗いましたが、取ったヘタが完全に洗い流されていなかったようで、取って洗い流したはずのヘタがひとつ漂っています。
20200617-3.jpg
向かって左下の黒いのがヘタ
ヘタを取ることでエグ味がなくなりさわやかな味わいになるとのことですが、ヘタがひとつくらい漂っていても味に変わりはないでしょう。

涼しくて温度変化の少ない場所ということで、玄関廊下のトランクルーム最下段に置いて年末まで待ちます。
20200617-4.jpg
6ヶ月後から飲めるらしいのですが、1年経つ頃から梅のエキスが浸透して味わい深い梅酒になり、梅の実も深みのある風味が出るとのことなので、来年の今頃からが飲み頃でしょうか?

初めての梅酒作りですが、材料費を考えると市販の梅酒1.8リットル買ったほうが安いとも思われますが、自分で作ったところに価値があるような・・・
自分で作るといっても、冷暗所に放置しておくだけですが・・・
美味しい梅酒が出来たらいいなーーーー



カテゴリ: 未分類

テーマ: 徒然なるままに… - ジャンル: ブログ

[edit]

Posted on 2020/06/17 Wed. 18:15    TB: --    CM: 0

公共駐車場でのマナー

「ヨットは只今漂流中」に戻る

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

カウンター

amazonアソシエイト

リンク

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム